2019年8月6日は、広島県にある民放4局すべてで「平和記念式典」の生中継がされた。

中国新聞(本社・広島県広島市)のテレビ欄をみると、横並びにずらーっと「原爆」や「平和」の文字が見受けられる。夕方のニュースも同様だ。

「ビビット」や「とくダネ」は前半放送せず

広島に原爆が投下されてから74年が経過した。2019年8月6日8時15分に黙とうを捧げる姿を、首都圏地上波テレビではNHKの中継でのみ、みることができた。当の広島はどうなのだろうか。広島市に本社を置く「中国新聞」を購入し、現地ではどれほど報じられているのか、調べてみた。

広島県には、

中国放送TBS系列、以下RCC
広島テレビ放送(日本テレビ系列、以下広テレ
広島ホームテレビテレビ朝日系列、以下ホーム
テレビ新広島フジテレビ系列、以下TSS

と、4つの民放があるが、テレビ欄で確認する限りでは、すべての局で「平和記念式典」の生中継が組まれていた。全国放送されている8時台のワイドショービビット」(TBS系)や「とくダネ!」(フジ系)は、放送時間が30分から40分、先送りとなっている。RCCでは「あさチャン!」が10分前倒しで終了し、どの民放よりも早く、式典の放送を始めている。広テレに関しては8時から145分の特集を組み、ジャーナリスト池上彰氏と共に平和公園から生中継する。

夕方ニュースも一色

全国放送の昼のワイドショー再放送ドラマが終わると、

NEWS6」(RCC
テレビ派」(広テレ
「みみよりライブ 5up!」(ホーム
TSSライムニュース」(TSS

が、夕方のニュース・情報番組として報道される。

テレビ欄を見ると、15時48分から「テレビ派」が18時過ぎまで、池上彰氏を再びゲスト(5日にもゲスト出演)に迎え、特集を組んでいる。16時45分からは「みみよりライブ 5up!」が、広島育ちのジャーナリストモーリー・ロバートソン氏を平和公園特設スタジオから生中継をする。「TSSライムニュース」、「NEWS6」も、いずれも原爆の日を取り扱う。

チャンネルを回せば、どこかの民放で「原爆の日」であることを教えてくれることがわかった。

J-CASTニュース編集部 井上祐亮)

広島県のどのテレビ局も「平和記念式典」を中継した(2019年8月6日、中国新聞17版)