アルビレックス新潟では、クラブコンセプトである「地域と世界を結ぶ『豊かなスポーツ文化の創造』に貢献します」を体現するべく、このたび、新潟大学アルビレックスプロジェクトならびにアルビレックス新潟ミャンマーとの連携活動として、ミャンマー子どもたちへサッカーボールサッカーシューズ、ウェアなどを届ける「アルビレックスミャンマープロジェクト」を実施いたします。

本活動は、すでに新潟大学アルビレックスプロジェクト主導のもと、アルビレックス新潟ミャンマーが協力する形で活動を行っておりましたが、2019年3月に独立行政法人国際交流基金アジアセンターのご協力のもとに当クラブスタッフが現地を訪れ、現地の子どもたちのまっすぐサッカーに取り組む姿を目の当たりにしたことをきっかけとし、あらためてクラブが加わる形で取り組む活動です。


今年第1回目の活動として、8月17日(土)に開催される2019明治安田生命J2リーグ第28節ファジアーノ岡山戦のEゲート前広場に特設ブースを設け、サポーター、ご来場の皆様から現地へ届けるサッカー用品を募集いたしますので、あわせてお知らせいたします。

子どもたちの成長が早く、サイズが小さくなってしまったサッカーシューズ(スパイクトレーニングシューズ等)やサッカーウェア、子どもたちが中学生になり使わなくなったサッカーボール(4号球)など、まだまだ使えるアイテムミャンマー子どもたちによって新たな活躍の場を得ます。

当日はぜひ、トップチームの観戦とあわせ、ご自宅に眠っているサッカー用品をご持参ください!

■実施日時
8月17日(土)ファジアーノ岡山
[ブース設置時間]15:30~18:30

■特設ブース設置場所
シャトルバス発着所(ハードオフエコスタジアム側)とEゲート前広場をつなぐ地下通路内
※スタジアム周辺MAPはこちら
https://www.albirex.co.jp/guide/

■集めるアイテム
まだまだ使えるサッカー用品を募集します。
子ども用のサッカーシューズ(スパイクトレーニングシューズなど)
サッカーボール(4号球)
子ども用のサッカーウェア
アルビレックス新潟レプリカ、応援Tシャツタオルマフラーなど

※当日に集まったグッズは、9月に新潟大学アルビレックスプロジェクトメンバーが、アルビレックス新潟ミャンマーの協力のもと、現地の子どもたちへ直接届けさせていただきます。
※前回の活動報告や、その他「新潟大学アルビレックスプロジェクト」の活動についてはこちらから
https://albirexproject.wixsite.com/albirex-project

■その他
・当日の特設ブース内に「募金箱」をご用意させていただきます。集まった募金は、サッカー用品の運搬・送料に充てさせていただきます(※航空券代や宿泊費、現地の食費などには一切使用いたしません)。あわせて皆様のご協力のほど、宜しくお願いいたします。

■お問い合わせ先
アルビレックス新潟サッカースクール
TEL:025-280-0011
[営業日]月~金13:00~20:00/土9:00~12:00
[休業日]日曜・祝祭日・ホームゲーム開催日

配信元企業:株式会社アルビレックス新潟

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ