総合人材サービス・パーソルグループのパーソルプロセステクノロジー株式会社東京都江東区、代表取締役社長:横道 浩一、以下「パーソルP&T」)は、Microsoft Corporationが主催する「Microsoft MVPワード」にて、「Microsoft MVPワード Microsoft Azure 部門」を当社エンジニア小田島哲也が受賞したことをお知らせいたします。

Microsoft MVPワードは、マイクロソフトの製品やテクノロジーに関する豊富な知識と経験を持ち、オンラインやオフラインコミュニティメディアなどを通して、顕著な活動をする個人を表彰する賞です。世界90か国以上、約4000名を超える方々が MVP を受賞しており、日本では約189名がMVPとして活動を続けています。

今回、当社の小田島Microsoft Azure関連の技術知識を幅広くユーザーへ共有するなど、個人の活動が高く評価され、受賞いたしました。

■受賞情報


小田島 哲也のコメント


■パーソルプロセステクノロジー株式会社について<https://www.persol-pt.co.jp/
パーソルプロセステクノロジー株式会社は、パーソルグループの「ITOセグメント」中核会社として、人・プロセスデザインテクノロジーの力で、人と組織の生産性を高めることを使命としています。
お客様の事業課題に応じたコンサルティングやシステム開発、アウトソーシングのほか、人とテクノロジーが共存できる社会を目指し、RPAやAIなどを駆使した最新のテクノロジーサービスを提供してまいります。

■「PERSOL(パーソル)」について<https://www.persol-group.co.jp/
パーソルは、2016年7月に誕生した新たなブランドです。ブランド名の由来は、「人は仕事を通じて成長し(PERSON)、社会の課題を解決していく(SOLUTION)」。はたらく人の成長を支援し、輝く未来を目指したいという想いが込められています。
パーソルグループは、人材派遣サービス「テンプスタッフ」、転職サービスdoda」やアルバイト求人情報サービス「an」をはじめとし、ITアウトソーシング、設計開発にいたるまで、国内外の幅広い企業群で構成されています。グループビジョンである「人と組織の成長創造インフラへ」を実現するために、労働・雇用の課題の解決に総合的に取り組んでいます。

配信元企業:パーソルプロセステクノロジー株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ