10月25日に発売を控えるシリーズ最新作Call of Duty: Modern Warfare。同作はコンソール版でもマウスキーボードに対応することが海外メディアDualshockersインタビュー明らかにされた。

 以前より今作のマルチプレイは、機種の別け隔てなくクロスラットフォームでのプレイに対応し、さらにハードごとではなく入力機器によってマッチングが区分されることが発表されていた。つまりマッチメイキングPlayStation 4Xbox One、PCといったハードでの区別ではなく、マウスキーボード」のユーザーと「コントローラー」のユーザーによって分けられる。なお同インタビューによれば、試合中に入力機器の変更はできないとのこと。

 クロスラットフォームでのマルチプレイが可能なゲームで、入力機器によってマッチメイキングプールプレイヤーの区分)が異なる作品は少なくない。

 たとえばいくつか例を見ると、すでにクロスラットフォームのマルチプレイに対応しているフォートナイトでは、2018年9月のシーズン6より『Call of Duty: Modern Warfare』と似たルールになり、入力機器によってマッチングプールを変更するようになった。ただし、PCでコントローラーを使っているプレイヤーは、PCを含むほかのプラットフォームのマウスキーボードユーザーと同じマッチに割り当てられるようになっている。

 Hi-Rez StudiosマルチプレイシューターPaladinsも、Nintendo SwitchXbox One、PC間でのクロスラットフォームマルチプレイに対応。Xbox One版はマウスキーボードでもプレイできる。カジュアルマッチでは入力機器に関わらず、デフォルトではプレイヤースキルによってマッチメイキングされるが、オプション選択で入力機器によるマッチメイキングを選ぶことも可能だ。ランクマッチでは、入力機器とランクによって厳密にマッチメイキングプールが分けられている。

(画像は『Fortnite』公式サイトより)
(画像はSteam『Paladins』より)

 シューターは特に照準を合わせる「エイミング」の観点から、入力機器によってプレイヤーパフォーマンスに大きな影響がでてくる。しかし、シューター以外のクロスラットフォームマルチプレイに対応したゲームでは、こういった入力機器によってマッチメイキングプールが分けられるかどうかはまちまちだ。コントローラー操作が主流のカーサッカーゲームRocket Leagueでは、入力機器によるマッチメイキングはない。一方で、上記のHi-Rez StudiosリリースしたMOBASMITEは、入力機器によってマッチメイキングプールが異なっている。

 アーケードスティックが主流である対戦格闘ゲームでは、入力機器によるマッチングの区別はほぼない。ただしストリートファイターVでは、今年5月にヒットボックス型と呼ばれるスティック非搭載のコントローラーが話題となり、通常のアーケードコントローラー以上に正確で素早い入力が可能になるのではと注目を集めた。ヒットボックス型コントローラーは、梅原大吾選手が公式大会で使用したいと問い合わせたところ、最終的に使用不可の裁定をカプコンが下したことでも話題になっている。

 一般的にシューターでは、「マウスキーボード」と「コントローラー」では前者が有利であると言われている。クロスラットフォームのマルチプレイに対応していないが、PS4Xbox Oneオーバーウォッチでは、マウスキーボードには未対応。コンバーターを使うことでマウスを利用できなくはないが、デベロッパーは対戦バランスを壊すために容認しないスタンスを示している。公正な戦いを求めるほとんどのプレイヤーにも好かれる行為ではないだろう。

 ほかにもApex Legendsでは、コンソールでのマウスキーボードの使用者を検出する方法をテストしている最中だと過去に言及しており、明言されていないが暗にこれらを容認しないスタンスを示している。

(画像はSteam『ストリートファイターV』より)
(画像は『Call of Duty Modern Warfare』公式サイトより)

 ハードによる垣根をなくすクロスラットフォームでのマルチプレイが進みつつある昨今、そのマッチングの区別はハードごとではなくなってきた。そして公平な対戦環境が求められる人気の対戦マルチプレイゲーム、特に影響を受けやすいシュータージャンルでは、今後ルールがそれほど整備されてこなかったな操作機種ごとのマッチングに舵を切っていくのかもしれない。

 なお補足までに、ハイスキルプレイヤーの頂点に立つプロプレイヤーの中には、一般的に不利だと思われている入力機器でもなお強いという例はある。『フォートナイト』の公式世界大会「FORTNITE WORLD CUP」デュオ部門で2位に輝いたWolfiezことジェイデン・アッシュマン氏は、マウスが主流のプロシーンでありながらコントローラーを使い入賞。

 また、コントローラーが必須デバイスだと思われていた『Rocket League』でも、Torsosことダニエルパーソンズ氏がキーボードマウスを使用している。氏が所属するRenegadesは、2019年5月に行われた「RLCS Season 7: Gfinity Rocket League Oceanic Masters」で優勝している。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros