ハードソフト市場ともに2ヵ月連続で前年比プラス

 ゲーム総合情報メディアファミ通」(エンターブレイン、本社:東京都千代田区、社長:浜村弘一)は、2013年3月の国内家庭用ゲームソフトハードの売上データをまとめた。
 集計期間は2013年2月25日2013年3月31日(5週分)。各分野の順位は以下の表の通り。

「国内家庭用ゲーム市場、3月はハード・ソフトともに前年比プラスに」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)




 以下、リリースより詳細を抜粋。

2013年3月期の家庭用ゲーム市場について】

 3月期のゲーム市場は、ハード市場が昨年対比107.8%の152.0億円、ソフト市場が同110.0%の315.3億円、ハードソフト合計で同109.3%の467.3億円となりました。ハードソフト市場ともに、2ヵ月連続で、昨年対比がプラスとなっています。
 月間ゲームソフトランキングでは、「ルイージマンション2」(任天堂2013年3月20日発売/3DS)が40.4万本を販売し、首位となりました。前作は2001年9月にニンテンドーゲームキューブのロンチタイトルとして登場していますが、ゲームキューブ版の累計34.9万本を発売から10日あまりで上回るスタートとなりました。また2位の「とびだせ どうぶつの森」(任天堂2012年11月8日発売/3DS)も、月間で32.8万本を販売し、好調な販売推移となっています。
 ハード市場では、2月28日に行われたプレイステーション Vitaの価格改定が大きな注目を集めました。月間販売台数も大幅に上昇し、2月期(4週集計)の3.5万台から、3月期(5週集計)は23.0万台の販売となっています。この3月期の販売台数は、プレイステーション Vitaとしては歴代2位の記録で、同ハードの発売月である2011年12月期の40.3万台に次ぐ数字となりました。
 一方、月間ハード販売台数ランキングトップニンテンドー3DSは、35.0万台(シリーズ合計)を販売。前述の「ルイージマンション2」のほか、同じ3月20日に発売された3DSの新色(ライトブルー/グロスピンク)が販売の追い風となりました。
 2013年4月期は、ニンテンドー3DS向けの大型タイトルとして、「トモダチコレクション 新生活」(任天堂2013年4月18日発売予定/3DS)が発売されます。前作「トモダチコレクション」(任天堂2009年6月18日発売/DS)は、新規ブランドながら累計で368.3万本を販売、大ヒットとなりました。そのほかのソフトでは、「ドラゴンズドグマダークアリズン」(カプコン2013年4月25日発売予定/PS3Xbox 360)や、「セブンスドラゴン2020-II」(セガ/2013年4月18日発売予定/PSP)といったシリーズタイトルが登場します。好調な3月期の勢いを新年度の始まりに結びつけることが期待されます。
ファミ通調べ>


(注)ソフトの売上本数については、集計期間中に販売されたすべてのタイトルを対象としています。
2種類以上のバージョンや周辺機器・本体等との同梱版が発売されているソフトデータは、すべての種類を合計した数字となります。
(発売日は前に発売されたもの、価格は通常版を表示しています)


ファミ通」について
ファミ通グループでは、ゲーム総合情報誌「週刊ファミ通」をはじめとするファミ通各誌、「ファミ通.com」や「ファミ通App」といったゲーム情報サイトゲームバラエティ番組「ファミ通LIVE」など、様々なゲーム情報サービスを展開しています。また、電子出版事業にも積極的に取り組み、「週刊ファミ通」電子版や、ゲーム攻略本・設定資料集の電子書籍を多数配信しています。さらに、全国約3,600店舗のファミ通協力店からゲームの売上データを集計し、「ファミ通ゲーム白書」を毎年発刊するなど、ゲームマーケティングサービスも行なっています。