明石家さんま

6日に放送された『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)では、おバカ軍団とツッコミ・インテリ軍団が大激突を繰り広げた。

そんな中、当番組の司会の明石家さんまが、話題となっている吉本興業の騒動について言及。さんまらしい対応が視聴者の注目を集めている。

■話題の騒動を思い切りネタに

当番組の収録は吉本興業の岡本昭彦社長が会見に臨んだ日だという。そんなこともあってか、さんまは開口一番、陣内智則に向かって「こんな日に収録なんて…」と苦笑しながら語りかけた。すると陣内も「こんな日に我々が!」と叫び、よゐこ濱口優から「吉本頑張れ!」と激励を受ける。

さらに、激励を送った濱口に、さんまは「松竹芸能、受け皿はあるか?」と質問。対して濱口は「あります、即戦力を募集しております」と頷き、さんまも「何人か送り込むことになるか分からん」と返すなど、話題の騒動を思い切りネタにした。

関連記事:「腹立って怒りたい人は自分を偉いと思ってる」 明石家さんまの持論が深いと話題に

■社長の会見に「テンポない」

騒動について、さんまは「僕は(騒動の説明を)おもしろおかしくできるけど」と自信満々に語り、続けて「社長の会見ほどうだうだしないで!」と強調。さんまの大胆なイジりに耐えかねた陣内は「やめて、もう」と制止した。

なお、そんなさんまは岡本社長の会見について、前日にどうするかの連絡をもらったという。そして、会見が終わってから「記者会見終わりました、どうだったでしょうか?」と来たことから、「お前な、テンポない」とダメ出しをしたことを暴露した。

■対応に称賛の声続々

さんまが騒動を思い切りイジる姿に、視聴者からは「サイコー」「さすがプロ」など、その対応に称賛する声が相次いで上がっている。

■最も好きなバラエティ番組のMCは…

しらべぇ編集部が、全国20~60代のバラエティ番組を見たことがある人1,209名に調査を実施したところ、20.8%が「最も好きなバラエティ番組のMC」に、さんまを選んだ。

今回の大きな騒動すら当番組でネタにしたさんま。1位になった理由も、この大胆さとはつらつさに好感を持つ人が多いからかもしれない。

・合わせて読みたい→爆問・太田、TVを席巻する吉本劇場に困惑 「吉本新喜劇ってこれのこと?」

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年2月9日2018年2月13日
対象:全国20代~60代のバラエティ番組を見たことがある人1,209名 (有効回答数)

明石家さんま、吉本興業をイジる 騒動を笑いに変え「さすがプロ」と称賛