8月8日(木)に放送される、大森南朋主演ドラマサイン―法医学者 柚木貴志の事件―」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第4話で、大森演じる柚木が解剖医を目指した理由が明らかになる。

【写真を見る】和やかな雰囲気の中、食事を楽しむ大森南朋、飯豊まりえ、西田敏行

本作は、権力に屈することなく、真実と正義を追求する天才法医学者・柚木貴志(大森)が、不都合な“事実”を隠蔽(いんぺい)する権力社会に立ち向かう法医学サスペンス

■ 奇妙な突然死事案が発生

第4話では、柚木の亡き父親が勤めていた「慶徳小笠原病院」の医師2人が、ほぼ同時刻に別々の場所で2人の男性が突然死する。柚木が解剖するも遺体からは毒も検出されず、謎は深まるばかり。

それでも事件性を疑う警視庁捜査一課の千聖(松雪泰子)と紀理人(高杉真宙)の前に、セレブ御曹司の「慶徳小笠原病院」院長・小笠原(篠井英介)が立ちはだかり、捜査は難航する。

さらに、過去に「慶徳小笠原病院」で起きた医療ミス事件で、「日本法医学研究院」が解剖結果を捏造(ねつぞう)したという不穏かつ執拗(しつよう)な書き込みもまん延。

柚木はもちろん、「日本法医学研究院」の元院長・兵藤(西田敏行)や現院長・伊達(仲村トオル)の身辺にも、かつてない波風が立ち始める。

「法医研」という組織に隠された闇の実態と合わせ、第1話で兵藤が息子も同然の柚木を裏切った理由や、25年前に起きた柚木の父親の“事故死”にまつわる真相、柚木の出生の秘密、そして解剖医を目指した理由も明らかになる。

■ 第4話STORY

過去に「慶徳小笠原病院」で起きた医療ミス事件で、「日本法医学研究院」が解剖結果を捏造(ねつぞう)した。そんな不穏かつ執拗(しつよう)な書き込みが「日本法医学研究院」のホームページで見つかり、うろたえた院長・伊達明義(仲村トオル)は前院長・兵藤邦昭(西田敏行)に連絡し。報告を受けた兵藤も動揺を隠せずにいた。

そんな中、2人の男性がほぼ同じ時刻に別々の場所で、突然倒れて死亡するという奇妙な出来事が。

警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)と刑事・高橋紀理人(高杉真宙)は正確な死因を突き止めるため、「日本法医学研究院」へ。

柚木貴志(大森南朋)と中園景(飯豊まりえ)は、早速、遺体を解剖するが、特に異常は認められず、心不全としか診断できない状態だと分かる。

その状況下で千聖らがなぜ事件性を疑うのか、不審がる柚木だったが、死んだ2人の職業と勤務先を聞いた途端、柚木は顔色を変える。2人は医師で、共に勤務先が今は亡き柚木の父親も勤めていた「慶徳小笠原病院」であることが発覚。

さらに、死んだ医師らと親しくしていた元看護師が、1週間以上前から失踪していることが判明する。

一方、柚木の元には「やすもとしょうこ」と名乗る人物から、ネットの書き込みと同じように「日本法医学研究院」の解剖結果捏造を暴露する封書が届く。

次々と起こる想定外の事態、なかなか見えてこない真実を追う途中、柚木を奈落の底へと突き落とす“あってはならない出来事”が起こってしまう。(ザテレビジョン

「サイン―法医学者 柚木貴志の事件―」の第4話ではさまざまな真相が明らかになる