8月8日(木)、9日(金)の2夜にわたって放送される、歌舞伎を50分に凝縮したラジオドラマ歌舞伎まるごとストーリーあらすじえもん』」(夜0:00-0:50、NHK-FM)。

【写真を見る】「テイキン・クエスト」の収録風景

正月の放送に引き続き、第2弾となる同番組は、「難しそう」「よく分からない」といった歌舞伎イメージを持つ若者や歌舞伎初心者へ向けたラジオドラマ

歌舞伎は実は簡単だが、舞台では長い物語の一部分ばかりが上演されるため、全容を知るのが難しくなっている。そこで、原作の全体を50分にギュッと集約し、まったく新しい時代、世界に置き換えて放送。

今回は「恋と冒険」をテーマに、第1夜では恋人との結婚をかけて、干ばつを治めようとする女カッパ教師の奮闘記を、第2夜は国を支配する大魔王に立ち向かう勇者とその周囲の女性の恋模様が描かれる。

■ 第1夜「キュウリが丘女学院NARUKAMI!」

堅物の高僧をお姫様が口説き落とす歌舞伎屈指の“色っぽい”シーンが有名な「鳴神」を含む歌舞伎の大作を、妖怪の世界の物語にリメーク。

舞台は雨が降らなくなったカッパの国。その原因は悪の教頭(岩田光央)にそそのかされた大魔術師(関俊彦)が、雨を降らせる竜を封じ込めていたからだった。

女教師(小松由佳)と女学院の生徒会長(武田羅梨沙多胡)は、イケメン教師との結婚をかけて、雨を降らせるための勝負に挑む。

■ 第2夜「テイキン・クエスト

原作は魔王となった蘇我入鹿を倒すべく立ち上がった藤原鎌足・淡海親子の活躍を描くファンタジー超大作「妹背山婦女庭訓」。

全て上演すると10時間を越える物語を、ロールプレイングゲームの「剣と魔法」の世界にリメーク。

国を支配する大魔王(江原正士)を倒すために立ち上がった勇者(間島淳司)の奮闘と、勇者に恋心を寄せる女性たちの恋の駆け引きをコミカルに描く。

以下、「キュウリが丘女学院 NARUKAMI!」出演者コメント

小松由佳:女教師タエマ(原作:雲の絶間姫)

今回、歌舞伎の名作「ナルカミ」を、現代の、しかもカッパ(!)の女子校を舞台に、さらにラジオドラマ(!)でやる。という謎で自由すぎる企画のお話をいただいて、かなりワクワクしました。

ピチピチの若手と手練れのベテランが伸び伸び自由に演じる癖の強いキャラたちは、全く前知識なくお楽しみいただけると思います。

関俊彦(3役):魔法科学教師ザビデーラ・ダンジョー(粂寺弾正)、大魔術師ナルカッパー(鳴神上人)、超人カッパスター(不動明王)

歌舞伎の筋立てを基にお届けするラジオドラマ…ということでしたが、びっくりするほど脚本が思い切りシュールアレンジされていて、一周回って気が付けばなるほど、あの「雷神不動北山櫻」。とても楽しく収録させていただきました。」

武田羅梨沙多胡:錦野まい(錦の前)

収録中、笑い声を抑えるのが大変でした。それほどに面白い作品に仕上がっております。ぜひ、お聴き下さい!

岩田光央(2役):ハヤパー教頭(早雲王子)、大占い師カメノセイメイ(安倍清行)

ちょっとエキセントリックな教頭先生と、普段なかなか演じる事ができない千歳の仙人の役、やりがいありました。ぜひお聴きくださいませ!

ランズベリー・アーサー:水泳教師ブンピー(文屋豊秀)

歌舞伎”というといろいろと難しいイメージが先行していたんですが、「歌舞伎ってこういう感じのお話だったの!?」と思うほど、ハジけた内容になっています(笑)

龍田直樹ナレーション、錦野理事長(小野春道)

人間の世界にも、いろいろと「大人の事情」ってヤツがありますが…カッパの世界にもやはりそれはあるようで…。そう簡単にスイスイとは泳ぎわたれないようです。

歌舞伎が題材のこのお話、カッパの世界の「カッパの事情」をお楽しみください。

以下、「テイキン・クエスト」出演者コメント

江原正士(2役):大魔王ソルガ(蘇我入鹿)、大賢者トミーノ(藤原鎌足)

古典は、使われている漢字や言葉遣いが難しく、ちょっとなじみにくいのですが、ザックリと大筋を中心に今風ドラマにしていただけると、たいへん分かりやすくて良いですね。

昔も現代も、人間同士の葛藤から生まれるドラマの本質は変わらないんだなーっと親近感が持てます。

間島淳司:勇者カイタ(藤原淡海)

歌舞伎って高尚なイメージだったんですが全然そんなことないんだな、と。楽しく演じさせていただきました!

下屋則子:ミワーナ(お三輪)

今回この「あらすじえもん」のおかげで歌舞伎がぐっと身近な物に感じられるようになりました。何より本当に面白い!!

皆さまが、この作品をきっかけに歌舞伎を身近に感じてくださったらうれしいですね。

佐藤聡美シトロン姫(橘姫)

私が演じたシトロン姫は、とてもキャッチーで自分に素直な人なので演じていると胸が踊り出してしまうくらい魅力的なキャラクターです。歌舞伎がよく分からないという方にも楽しんでもらえると思いますのでぜひこの機会に「テイキン・クエスト」を聴いていただけたらうれしいです。よろしくお願いします!

大林隆介(2役):大臣エビシ(蘇我蝦夷子)、従者フカシッチ(漁師鱶七)

聴きどころとしましては、ぶっとんだギャグ歌舞伎の方も見てみたいと思わせるストーリー展開ですかね。どうか楽しんでご聴視くださいませ!

■ 比留間俊哉:警備隊長ゲンバン(宮越玄蕃)

話をかみ砕いてみると意外ととっつきやすかったりするのかなって思いました。ですので、このラジオドラマを通じて、歌舞伎の作品に興味が持てるようになって良かったですし、そういった方が増えるとうれしいです。ありがとうございました

江川央生ナレーション

歌舞伎の舞台はハードルが高いと思っている皆さんにとっていい入口にはなるはずです。ある程度あらすじが分かった上で歌舞伎を見るとあの難しいそうな独特なせりふ回しもなんとなく理解できるように聴こえてくるものなのです。(ザテレビジョン

8月8日(木)深夜放送「キュウリが丘女学院NARUKAMI!」