気象衛星には、日本海北部にある台風8号から変わった低気圧の渦巻き、沖縄の南海上の台風9号の渦巻き、小笠原の南海上の台風10号の渦巻きが映っており、どれも警戒が必要です。
日本海北部の低気圧は、発達しながら北海道を通過しますので、これから北海道では24時間に180mmの大雨に警戒が必要です。
また、非常に強い台風9号は、8日夜遅くから9日未明にかけ先島諸島付近を通過する見込みで、沖縄は暴風と24時間に400mmの大雨などに警戒が必要です。
さらに、非常に強い台風10号も、小笠原近海からゆっくり北上の見込みで、来週は東日本から西日本の太平洋側に影響を与えそうです。

気象予報士・饒村 曜)

図 日本付近の3つの雲の渦巻き(8月8日16時)