都市のイノベーションを進める会社であるscheme verge株式会社(スキーヴァージ、本社:東京都文京区、代表取締役:嶂南 達貴)は、「Horai: アートに囲まれた世界へようこそ。(β版)」をリニューアルしました。ナショナルジオグラフィックやNYTimes等の海外有力メディアでもランキングトップクラスの観光スポットとして世界的に注目されている瀬戸内のアートサイトにおいて、一人ひとりが本当に気になる作品、好きな作品をしっかりと巡りたいというニーズに応えて参ります。夏や秋の繁忙期に耐えられるようにアルゴリズムの改善を進め、同時にアプリケーションだけでは対応できないニーズに対しても、カスタマーサポート体制によってオンデマンドな対応を進めております。

Horaiは、数えきれない魅力にあふれる瀬戸内で、一人ひとり自分のための旅を実現するための、スマート観光コンシェルジュです。最高のアート体験を求め旅する個人が、海上タクシーのような地元サービスを使いこなし、限られたせっかくの旅行時間をうまく使って旅をかけがえのないものにするサポートをします。
瀬戸内には高松・岡山近海だけでも直島、小豆島、豊島、犬島、男木島、女木島、大島などの島々があり、アートサイトをはじめ多くの観光スポットが点在しています。しかし交通手段に乏しいため、複数の島をまたいで旅をすることを諦める観光客も多くいます。

ユーザーは、写真から好みのアートサイトアプリ内で直感的に選び、島をめぐる旅程を簡単に作成することができます。移動手段にはフェリー・旅客船が表示されるほか、1人1回2800円で乗ることのできる乗り合い海上タクシーを予約することができます。約200のアートサイトを有する芸術祭の夏会期で賑わう、直島、小豆島、豊島、犬島、男木島、女木島、大島などの島々に対応しています。(https://www.horai.sv)
Horaiでは、アプリ内で行きたい場所を選ぶことで、その地域の移動手段を踏まえた旅行プランを作成できます。具体的には三つの手順を踏むことで、より良い行き先の発見と、それを巡る旅程の実現をサポートするとともに、海上タクシーをはじめとする地元のサービスを手配・決済することが可能になります。
現在、Horaiで決済できるサービスは海上タクシーのみであり、旅程に提示される交通手段は海上タクシーと、フェリーや高速艇などの定期船のみですが、今後はバスやタクシーなどの陸上の交通手段や、観光施設の予約・決済についても実証実験を進めてまいります。
その端緒となるのが、国土交通省の「新モビリティサービス推進事業」の先行モデル事業として選定された、「瀬戸内洋上都市ビジョン協議会」の実証事業です。瀬戸内洋上都市ビジョン協議会ではHoraiを活用して、高松空港から入る香川・瀬戸内観光客を対象に、海・陸・空の交通機関や観光事業者とAPI連携した旅程提案型MaaS(Mobility as a Service)を提供します。

(参考1:内閣府総務省経済産業省国土交通省「スマートシティ官民連携プラットフォーム」https://www.schemeverge.com/news/join-smart-city-platform
(参考2:国土交通省「新モビリティサービス推進事業」https://www.schemeverge.com/news/mlit-maas-ceremony-reported

私たちは、地域を訪れた観光客がその人らしい旅を楽しむためには、地域の交通事業者・観光事業者が観光客の多様化する需要を把握し、人手不足のなかでも的確なオペレーションやコンテンツ開発を行うためのプラットフォームが必要だと考えます。Horaiは今後も、海上タクシーや定期船、空港、鉄道、バス、タクシーといった各地域での移動を支える事業者や、美術館や飲食店など観光客の体験を支えるスポット、せとうちDMOや各地域の観光協会等と連携し、観光マネジメント最適化するツールを開発・提供してまいります。

配信元企業:scheme verge株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ