NMB48の“エース白間美瑠の初冠番組「NMB48白間美瑠金メダル獲ったんで!」が、8月30日(金)夜7時からCSテレ朝チャンネル1で放送される。番組内で東京五輪の新種目に挑んだ白間が、見どころなどを語った。

【写真を見る】白間美瑠、サーフィンに挑戦中

■ まず、サーフィンに挑戦

番組では、白間が東京五輪の新競技の注目選手を独自の目線で取材。さらに、新競技にチャレンジし、その楽しさや奥深さ、ルールなど、体を張って体験していく。

白間はまず、東京五輪サーフィン競技開催地である千葉・九十九里浜へ。「人生初の冠番組ということで、とってもうれしいです! ちょっと緊張していますが、いろんな私を見せていけたらと思っています!」と笑顔を見せる。

この海で、サーフィン日本代表の脇田紗良選手と出会った白間。実際のパフォーマンスを目の当たりにし、「今、波の上でダンスしてましたよね!」と羨望のまなざしを送る。

サーフィン経験のある白間は、浜辺でパドリングからライディングまでの基本動作を学んだ後、海へ。久しぶりだったせいか、最初はなかなか波に乗れなかった白間だが、持ち前のセンスで徐々に立ち始め、陸から離れて大きな波の方へ向かう。

また、白間は脇田選手の自宅も訪問。日常のトレーニングの様子を見学し、ほぼ毎日食べているという“五輪への勝利のレシピ”でもあるギョーザ作りを体験する。

そして、“サーフィンの聖地”ハワイ・オアフ島ノースショアの、世界で最も危険で美しい“波の女王”と呼ばれるパイプラインに、世界で唯一自分の名を刻む日本人サーファーで、“伝説のサーファー”として知られる脇田選手の父・貴之さんも登場。

食卓を囲み、娘に対する父親の「東京五輪へ寄せる熱き思い」、父と娘の絆の深さなどについて、トークが繰り広げられる。

■ 高さ12mの壁と1対1の真剣勝負に挑む

東京五輪の新競技紹介2つ目は、「スピードリードボルダリング」の複合競技である「スポーツクライミング」。

その中でも、「リード」を得意とするリードボルダリング日本代表・小武芽生選手が、高さ10mはあろうかという場所から白間を待ち受けていた。

4月から雑誌の連載でクライマーを目指している白間だが、あまりなじみのない「リード」という競技に興味津々。早速、ハーネス(安全ベルト)と、それに巻き付けられたロープを体に縛りつけ、高さ12mの壁との1対1の真剣勝負に挑む。

白間の根性と運動神経を見た小武選手は、「とてもクリップがうまくてびっくりしてます。クリップを開けながら登るっていうことは、片手で耐えてる時間が長いのですが、そこをほぼ完璧にこなし、足の置き方も教えてないのに結構つま先で置いたりとか、チョークアップ(登りながら手にチョークをつけること)する余裕もあって、すごかったです」と絶賛。

「ここまでのレベルに行くには、普通は2日を要するんですけどね!」と話す。

その後、白間は小武選手のスゴ技テクニックや、トレーニング法、3種目のルールを聞き出し、競技の奥深さに感心しきり。

また、「うさぎ」が好きだという小武選手のために、「うさぎカフェ」に行ったり、肉が大好きだということで、極上絶品肉で“決起集会”をしたりと、白間はその距離を縮め、東京五輪に懸ける思いも引き出していく。

白間美瑠コメント

NMB48では普段、今回の番組のような“進行役”を任されることが多くないので、かなり緊張もしましたし、とても心配でしたが、収録を終えてみて、確実に自分の成長にもつながっていると思うし、やりがいがあったなって思えたので、本当に貴重な経験をさせていただいたと思っています。

自分で言うのも照れますが、運動神経は良い方だし(笑)、何でも熱くなれる性格なので、もっといろんなスポーツを経験して、紹介していきたいなって思いました。

人が見ていないところでも、誰よりも人一倍努力して、練習していかないと、“大きな壁”に挑める自信もつかないし、誰よりも輝くことはできないなって思いました。

取材させていただいた選手たちも、同年代だったりで、たくさんの刺激をもらいました。

戦っている時はあんなにたくましい背中や、表情だったりで、“芯”が通っているなって感心するんですけど、フッて気が抜けた表情を見せた時、例えばご飯を食べている時だったり、うさぎと触れ合っている時だったりに、ギャップがあってキュンキュンしたので、慣れない立場から、たくさん冷や汗もかきましたが(笑)、“私の成長”もどうか優しい目で見ていただけたらなと思います。

サーフィンロケは古賀成美と、スポーツクライミングは山本彩加と共に体験リポートしている。(ザテレビジョン

NMB48のエース・白間美瑠(左)が、初冠番組「NMB48白間美瑠の金メダル獲ったんで!」で東京五輪新種目に挑む