官邸で結婚発表した自民党小泉進次郎衆院議員(左)とフリーアナウンサー滝川クリステルさん(写真/時事通信社

 自民党小泉進次郎議員とフリーアナウンサー滝川クリステル氏が結婚と妊娠を発表したニュースビッグカップルの電撃発表にニュースやワイドショーが賑わっているが、一方でこの報道に懐疑的な意見も多くあがっている。

SNS上でも異論が噴出
 それもそのはず。この結婚報告、進次郎氏が自ら「こういう官邸という場で、私ごとで大変恐縮ですけど、私もようやく結婚をすることになりました」と述べたように、何故か首相官邸から生中継が行われたのである。

 いくら知名度のあるカップルとはいえ、いち議員の結婚報告が首相官邸から全国に生中継されるというのは前代未聞……というか異常事態だ。肝心の政策については、ロクに審議に出席しない、記者からの質問をはぐらかし逆ギレするというような議員もいる一方で、私的なことであるはずの結婚報告は何故か首相官邸で行われ、メディアもズラリと勢揃い。それを何の疑問も抱かないまま垂れ流すというのは、公私混同もいいところだ。

 取材した政治部記者側からは「あれは会見ではなくぶら下がり取材……」などと苦しい弁明が出ているが、ぶら下がり取材をプロパガンダに利用されたのは明白であり、利用された側が利用した側を庇う様は、官邸と報道陣の「共犯関係」を自ら認めているかのような醜悪さである。

 この結婚報告とメディアの報道姿勢については、SNS上でも否定的な意見が沸き起こっている。いくつか代表的な投稿を見てみよう。

”官邸でプライベートなことの記者会見するって多分、先進国で、日本だけだろうなぁ”(菅野完氏のツイッターより

 “皆さんお気づきだろうか?小泉進次郎だけならまだしも滝川クリステルと2人で、なぜか首相でもないのに首相官邸で結婚を公表してる事を。これは進次郎が次の総理になる伏線か?”(仁尾淳史のツイッターより

 “なんで官邸でこんなことやってるのか、どなたかちゃんとつっこんだ報道はありますか?おかしいですよこんなの。他の議員の結婚でいちいちこんなことやってますか。メディアはおかしなことに加担しないでほしい”(太田啓子氏のツイッターより

 “進次郎とクリステルの結婚をなぜ首相官邸で発表? この国で一番偉い人に報告するため? 一言いいます。その状態がすでに民主主義国家としておかしいです。独裁者に報告するみたい。(みたいではなくそうなんだと思うけれど) これは微笑ましい事ではなく異常な事なんです。”(星はふるふる氏のツイッターより

 “なんで他人の結婚をお祝いできないの?とか言う人もいるだろうけど、政治家として何の実績もないのにポピュリズム的な人気だけが先行している(つまり非常に危険な)政治家と有名タレントの結婚報告をなぜか首相官邸でやっている時点で公私混同甚だしいし政治利用する気満々なんだなと読み取るのが普通す”(平野太一氏のツイッターより

 “私もNHKが午後3時のニューストップでこれを大々的に扱っているの見て異様だと思ったが、集められた記者たちは、ただの一議員の私的な結婚発表会がなぜ「首相官邸」という公的な場で行われ、なぜ「首相や官房長官からお祝いの言葉をもらった」等のコメントを自分が報じるのか、意味を考えないのか。”(山崎雅弘氏のツイッターより

◆何故首相官邸で? 何故進次郎氏だけ?
 いずれのコメントも結婚そのものについての是非ではなく、それが首相官邸で発表され、全国に生中継されるという異常性を指摘している。知名度があれば公的な場と報道機関を好き放題利用してもいいのかというのは大問題だ。

 なかには「“上司”への結婚報告だから仕方ないのでは?」という意見もあったが、そうであれば自分が所属する自民党内の施設で個人的に行えばいいことだ。首相官邸とメディアを使って行うことではないだろう。

◆在日外国人からも辛辣な意見が
 こうした行為は世界的に見ても珍しいものだ。在日外国人にこの結婚報告報道についての意見を求めると、辛辣な意見が飛び出した。

自分に不利なニュースが流れると話題をコントロールするためにあらゆる手を尽くすトランプ政権下のホワイトハウスも狂っていますが、こういったケースはないですね。安倍も日韓問題、福島の汚染水が‘22年に許容量を超えてしまうこと、原爆の日や軍隊を持つための改憲よりは、結婚報告を報道してもらうほうが都合がいいでしょう。NHK公共放送でしょう? 政治的に中立で世間のために働くべきだと思いますけどね」(アメリカ人・男性・38歳)

 また、メディアの報道姿勢をプロパガンダだと指摘する声もあった。

「おめでたいニュースを流して、たいしたこともしてない政治家の顔を流し続けるのには違和感しかありません。この人(進次郎議員)はこれまで何をしてきた人なんですか? (滝川クリステル氏が)妊娠しているとか、プライベートなことを首相官邸から生中継するのは不自然ですし、適切なことだとは思えません。人気取りなのか、ほかのニュースから目を逸らしたいのかわかりませんが、こんなのはプロパガンダですよ」(ノルウェー人・女性・33歳)

 そう、小泉進次郎などはなぜか大した実績もないのに「やってる感」だけでメディアから無批判に持ち上げられている議員の最たるものである。それをあたかも「次期総理」のような形で演出するのを手伝っているメディアは愚の骨頂とすら言える。

 懐疑的な意見に対して、報告を受けた安倍首相や菅官房長官、報告をした進次郎議員、さらにそれを生中継したマスコミも、はっきりとした答えは出せないはずだ。それどころか、そういった疑問をぶつけることすらされないで終わるのかもしれない。こうした報道や公的機関の政治利用が当たり前になれば、次はどのようなニュースがお茶の間に流されるのか。小泉進次郎議員と滝川クリステル氏の結婚報告は、その第一歩なのかもしれない。

<取材・文/HBO編集部>

官邸で結婚発表した自民党の小泉進次郎衆院議員(左)とフリーアナウンサーの滝川クリステルさん(写真/時事通信社)