ポーランド18歳下し、セリーナと対決へ「良いプレーができれば」

 女子テニスロジャーズ・カップは8日(日本時間9日)の3回戦で世界ランク2位の大坂なおみ日清食品)が同65位のイガ・シフィオンテク(ポーランド)を7-6、6-4のストレートで下し、8強へ進出した。準々決勝では昨年の全米オープンの決勝で破った、同10位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)と対戦する。

 18歳ポーランドの新星に苦戦しながらも、ストレートで下し8強に進んだ大坂。次戦の相手はセリーナだ。昨年9月の全米オープン決勝以来、11か月ぶりの顔合わせだ。

 全米オープンの決勝では、セリーナは試合中に審判に暴言を吐き、ラケットを叩きつけるなどの問題行動を起こした。表彰式ではブーイングが吹き荒れ、優勝した大坂が涙する一幕もあった。この一件はテニス界で波紋を呼んだが、その後セリーナが雑誌上で「心から申し訳なく思っている」などと謝罪していた。

 “因縁の相手”との対決へ、米専門メディアテニス.com」によると、オンコートインタビューでこう語っていたという。

セリーナも大坂について言及「今シーズン、本当に素晴らしい

「彼女はテニスの母のような存在です。子どものころに見ていた選手で、本当に素晴らしいと思います」「大勢の人が試合を見ると思います。彼女を相手に、良いプレーができればと思います」

 かねてからセリーナへの憧れの意思を口にしていた大坂は健闘を誓っている。

 一方のセリーナも、豪メディア「7ニュース」によると、大坂が準々決勝に進む前に「彼女との対戦を心待ちにしています」と対戦を熱望し、さらに「今シーズン、彼女は素晴らしい年を送っている。今も本当に素晴らしい」とも話していたという。

 全米オープンとの前哨戦とも言える今大会で、因縁の相手との再戦。9日(日本時間10日)は熱く激しいバトルが繰り広げられそうだ。(THE ANSWER編集部)

昨年の全米オープン決勝で対戦した大坂なおみ(左)とセリーナ・ウィリアムズ【写真:Getty Images】