ビッチの30m超えサイドチェンジが大きく逸れるも、超絶トラップライン際に残す

 レアル・マドリードブラジル代表DFマルセロは、現地時間7日に行われたオーストリア1部ザルツブルクとのプレシーズンマッチにフル出場し、1-0の勝利に貢献した。3バックシステムの左ウイングバックプレーしたなか、試合中に見せた“スライディントラップ”に海外メディアからスポットライトが当てられ、クラブ公式サイトも「マルセロのコントロール100点」と称賛している。

 レアルは前半19分、ザルツブルクのコーナーキックベルギー代表GKティボー・クルトワがキャッチし、カウンターを発動。元フランス代表FWカリム・ベンゼマスペーススルーパスを出すと、アザールカットイン日本代表MF南野拓実をかわし、ペナルティーアーク内から強烈な一撃をゴール右隅に突き刺した。

 1-0とリードして迎えた後半アディショナルタイムレアルは右サイドからのスローインを受けた途中出場のセルビア代表FWルカ・ヨビッチが逆サイドに大きく展開。これがミスキックとなり、ボールは左サイドバックのマルセロの頭上を越えてタッチラインを割るかと思われた。しかし――。ブラジル人レフティーは背走しながら30メートル超のロングパスをスライディングしながらのトラップで受け止め、ライン際にピタリと残してみせた。マルセロのテクニックと積極性が凝縮されたプレーと言えるだろう。

 スポーツチャンネル「ESPN」ブラジル版の「Mundo ESPN」公式ツイッターは、「なんだこれは、マルセロ! レアル・マドリードブラジル人がセンセーショナルなバックキャッチ」と感嘆していたが、レアル公式インスタグラムも「マルセロのコントロール100点」と称賛。公式ツイッターでは「マルセロ―テクニックファーストタッチ2019年」とPCのファイル名形式で動画を公開している。

 投稿のコメント欄には、レアルドイツ代表MFトニ・クロースがマジックハットの絵文字で反応しており、マルセロのテクニックは同僚の名手から見ても群を抜いているようだ。(Football ZONE web編集部)

レアル・マドリードDFマルセロ【写真:AP】