●扱いやすいサイズと広い室内と荷室で頼れる相棒となるBクラス

同じプラットフォームを使っているAクラスではなく、Bクラスを購入しようとしている方は、より広いキャビンやラゲッジに重きを置いているはずで、新型Bクラスも期待(多分)を裏切らない室内と荷室の広さが確保されています。

詳細画像はこちら 新型メルセデス・ベンツBクラスフロントビュー

全長4425×全幅1795×全高1565mmというスリーサイズは、高さ1550mm制限のある立体駐車場にこそ入らないものの、幅1800mm以下のマンション駐車場などでも入庫可能。最小回転半径は5.0mと小さめで、小回りも利きます。

詳細画像はこちら 新型メルセデス・ベンツBクラスサイドビュー 詳細画像はこちら 新型メルセデス・ベンツBクラスのリヤビュー

運転席に乗り込んでみると、Aクラスよりも高い位置にある座面によりアイポイントが高く、視界が高いため、狭い道での取り回しも楽にできます。乗り降りも低い位置に潜り込むようなAクラスよりも容易なのは確か。

逆にAクラスは、スポーティな着座位置と1550mm以下の立体駐車場にも余裕で入庫できます。前席の室内幅は、先代よりも33mm広くなり、前席の頭上空間も5mm拡大しているそうです。前後席ともにアップライトな着座姿勢になります。

詳細画像はこちら 新型メルセデス・ベンツBクラスインパ

後席も着座位置が高めで、Aクラスよりも良好な前方視界が確保されています。また、前席下に足が入るため、足を伸ばして座ることもできます。

詳細画像はこちら 新型メルセデス・ベンツBクラスの前席

後席の格納(背もたれの前倒し)は、メルセデス・ベンツお馴染みの「4:2:4」分割可倒式で、中央部分をトランクスルーさせることで4人乗車時でも長尺物の積載が可能。

詳細画像はこちら 新型メルセデス・ベンツBクラスの後席

ラゲッジの地上開口高は、低すぎず、高すぎずといったところで、自転車などの大きな荷物を積む際は大変そうですが、開口部も大きいため、オートキャンプのテントやテーブルチェアなどを積載するのも楽そう。荷室容量は455L-1540Lで、先代は488L-1574L。数値では若干狭くなっていますが、実用上は大差なさそうです。

詳細画像はこちら 新型メルセデス・ベンツBクラスのラゲッジ

詳細画像はこちら

新型Bクラスは、ルーフを下げるなどしてCd値(クラストップレベルの0.24)を改善し、扱いやすいサイズと広い室内と荷室が美点。日常使いからキャンプなどの趣味まで対応してくれる相棒といえそうです。

(文/塚田勝弘 写真/長野達郎)

【新型メルセデス・ベンツBクラス試乗】スタイリッシュになっても取り回ししやすいサイズに広い室内と荷室が美点(http://clicccar.com/2019/08/10/902182/)