競泳界で、イキのいい「カツオ」が話題だ。

 自由形の松元克央(22)。名前は「かつひろ」だが、小学校時代から「カツオ」のあだ名で呼ばれてきた。両親からも仲間からも呼ばれ「『魚のように速く泳ぐ』という意味もある。もう『かつひろ』と言われても振り向けない」とこだわりを持つ。

今が旬のカツオ!?


 選手として、今が旬だ。7月に韓国で行われた世界選手権男子200メートル自由形決勝で1分45秒22の日本新記録をマークし、銀メダルを獲得。萩野公介の持つ従来の記録を更新し、同種目で日本人の表彰台は五輪、世界選手権を通じて史上初めての快挙。文字通り「初カツオ」となった。

 世界にもっとも遠いといわれてきた自由形で、壁を破った男のニックネームが「カツオ」。おいしいネタに、マスコミが放っておくはずがない。インタビューでは「頂点ガツオを目指します」。追い込みが得意で「追いガツオです」。ここぞとばかり「カツオ節」を連発し、名前を売った。

 アピールが幸いし、「祝いカツオ」まで届いた。8月に入り、所属先であるセントラルスポーツ千葉県内の開業イベント先に、静岡県の水産会社から「カツオを広めてくれてありがとう」というメッセージとともに、一本釣りしたカツオ5本が送られてきたという。

・合わせて読みたい→
ハム党・オリンピアンの田中雅美さん、「水泳が上手そうな野球選手は…」(https://cocokara-next.com/athlete_celeb/baseball-player-who-looks-good-at-swimming/)

「本(命)カツオ」が五輪の主役候補に名乗り

 4日に行われたW杯東京大会では、韓国帰りで「戻りカツオ」の期待がかかったが、同種目で4位。それでも世界の強豪と渡り合い、日本人では最先着し「来年に向けていい経験ができました。今季ラストレースだったので『締めガツオ』です」と笑わせた。

 東京五輪の内定条件でもあった世界選手権で優勝したのは、200&400メートル個人メドレー瀬戸大也だけ。五輪でメダルを量産してきた競泳陣だが、来年の東京では大苦戦が予想されている。そんな沈滞ムードを一掃してくれそうな、明るいキャラクターだ。

 五輪への抱負に「200メートル自由形で日本人が戦うイメージがないので、それを覆したい。東京五輪でも、みなさんに『カツオ』と呼んでほしい」とカツオコールおねだりした。五輪選考会は来年4月の日本選手権が一発勝負。不振が続く萩野に代わり、脂が乗りに乗っている「本(命)カツオ」が五輪の主役候補に名乗りを上げた。

スポーツ界の主なカツオ
◆渡嘉敷勝男
元プロボクサー。タレントとしても活躍し、カツオより「トカちゃん」のイメージが強い。

大杉勝男
プロ野球選手。「月に向かって打て」で打撃開眼したエピソードが有名。

石川雅規
プロ野球ヤクルトの現役投手。顔が似ていることから国民的アニメサザエさんの弟「カツオ」のあだ名で呼ばれる。

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

[文/構成:ココカラネクスト編集部]

水泳界にイキのいい「カツオ」が登場!五輪の主役候補に名乗りを挙げたカツオとは?