スピードスター候補生・伊藤の足元を支える“相棒”マーキュリアル「動きやすくて軽い」

 2020年に母国で開催されるオリンピック出場を目指す東京オリンピック世代で、期待を集めるアタッカーの1人がハンブルガーSVのMF伊藤達哉だ。身長163センチながら大男たちを次々と置き去りにするドリブルはスピードが肝だが、その足元を支えるのがナイキの「マーキュリアル」だ。「僕の中で一択」とまで断言するほど魅了される伊藤に、アッパーとプレート技術に加え、新しいグラフィックを取り入れるなど改良された2019モデルの「ナイキ ヴェイパー 13 エリート」について訊いた。

 4歳だった2002年日韓ワールドカップサッカーの虜になった伊藤。サッカーを始めて以来、スパイク選びには“外せない条件”があるという。

「僕の好きな選手が履いているかどうかは、大きなポイントです。やっぱり好きな選手が履いているスパイクが一番カッコよく見えるし、彼らに少しでも近づきたいという思いがあるので。特に、マーキュリアルは(エデン・)アザール、(フランク・)リベリー、(ドリース・)メルテンス……、いっぱい好きな選手が履いていました。歴代のマーキュリアルも色とか覚えていますし、今こうやって自分もプロになって同じモデルプレーできているのは本当に嬉しいです」

 ドリブルを武器とする伊藤にとって、スパイクフィット感はスピードを支えるうえで欠かせないポイントだ。自身の感覚では、マーキュリアルは足先のプレート部分が他のモデルと一線を画すという。

「力が入るところにしっかりとポイントが刺さるので、すごく動きやすい。僕のプレースタイル的にスピードが大事なので、マーキュリアルスピードも出やすいし、動きやすいのをすごく感じます。僕の中で(マーキュリアル)一択ですね」

チームで常に結果を残して、このマーキュリアルとともに東京オリンピックを戦いたい」

 2019年7月に発売された2019年モデルの「ナイキ ヴェイパー 13 エリート」は、水色を基調にアウトソールにまでデザインを加えられている。新モデルを手にした伊藤は、思わず「一番カッコいいです!」と笑みをこぼす。

「全部のスパイクの中で、マーキュリアルが常に一番カッコいいと思っています。僕は少し目立ちたがり屋なところがあるので(笑)カッコいいのが好き。マーキュリアルのようなカッコいいスパイクを履いて、カッコいいプレーができたらなと思っています」

 2020年に開催される日本で開催される東京オリンピックも、あと1年に迫った。オリンピック出場の目標を公言してきた伊藤にとって勝負のシーズン、新たな“相棒”とともに、全力疾走する覚悟はできている。

「僕がプレーするサイドは攻撃的でいい選手が多いポジションチームで常に結果と数字を残して、このマーキュリアルとともに東京オリンピックを戦いたいです」

 マーキュリアルとともに進化を続ける伊藤の成長が、日本の躍進にもつながるに違いない。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

東京オリンピック世代期待のアタッカー伊藤達哉【写真:高橋学】