柏レイソルは11日、セレッソ大阪に所属するDF山下達也(31)の完全移籍加入合意を発表した。背番号は「50」に決定。手続きが完了次第、正式契約となる。

山下2006年神戸市立御影工業高校からC大阪入り後、2011年コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)へ。翌2012年に完全移籍でC大阪に復帰した。だが、徐々に出場機会が減少。今シーズンもここまで明治安田生命J1リーグ10試合の出場にとどまっている状況だった。柏入りを受け、両クラブの公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

柏レイソル
「このたびセレッソ大阪から移籍してきました山下 達也です。レイソルさんは相手ディフェンダーにとって、やりにくい選手、そしてサポーターの声援があるチームという印象がすごく強いです。そういったチームの一員になれることを誇りに思いますし、このようなチャレンジを与えてくれたことに感謝しています。J1昇格は簡単なことではないですが、レイソルのために魂込めて戦っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします」

セレッソ大阪
「急な発表になりますが、この度セレッソを離れることになりました。一年間は札幌にいきましたが、18歳の時からずっとセレッソにお世話になりました。ここ数年は試合に出たり出なかったりが続くなかで、今回レイソルさんから話をもらい新しいチャレンジをしようと決断しました」

「長年いたので選手のみんなや、サポーターの皆さん、セレッソに関わるすべての方々に会えなくてなるのは寂しいですが、その気持ちを押しころして新たな地で頑張っていきます。話したいこと、感謝の気持ち沢山ありますが、長くなりそうなのでここには書ききれません。また試合で会えるように頑張ってきます。長い間ありがとうございました

柏は現在、J2リーグ16勝7分け4敗の首位。9連勝中のなかで迎える17日の次節、11位につけるV・ファーレン長崎ホームに乗り込む。

サムネイル画像