ソウル 12日 ロイター] - 韓国産業通商資源省は12日、輸出管理で優遇する「ホワイト国」から日本を除外すると発表し、9月から実施する方針を明らかにした。

輸出規則の厳格化により、日本に輸出する際には審査に長期間かかる可能性などが出てくる見通しだ。

成允模・産業通商資源相は、「国際的な輸出管理の原則」に沿った輸出管理制度の運用を行っていない国を分類する新しいカテゴリーを創設し、日本をそのカテゴリーに振り分けると述べた。

産業通商資源省高官のPark Tae-sung氏は、新たなカテゴリーに日本が最初に分類された理由として不適切な貿易慣行を挙げたが、詳細には踏み込まなかった。

成氏は、日本側が協議を要請すればいつでも応じる用意があるとも述べた。

*内容を追加し、写真を差し替えました。

 8月12日、韓国産業通商資源省は、輸出管理で優遇する「ホワイト国」から日本を除外すると発表し、9月から実施する方針を明らかにした。写真は2012年8月16日、都内で撮影(2019年 ロイター/Yuriko Nakao)