この10月から10%に引き上げられる予定の消費税率。平成元年4月に3%で初めて導入された消費税ですが、じわじわと気がついたら10%になっていたと感じる人も多いのではないでしょうか。

現在の8%から2%の引き上げというと、そんなに大きな違いがあるとは思えない人もいるかもしれません。でも、高額な商品を購入するとなるとその差は歴然!10万円以上の商品だと、2,000円以上の差が出てきます。

10月まで残り2か月を切った今、増税前に買うべきものを知りたいという堅実女子の声に応えて、お金のプロであるファイナンシャルプランナーそして貯金評論家の花輪陽子さんにお話を伺いました。

花輪陽子さん…ファイナンシャルプランナー(FP)・貯金評論家。CFP認定者 1級ファイナンシャルプランニング技能士など多数資格を保有。雑誌や新聞、テレビ等でのマネーの監修をはじめ、書籍やコラムの執筆、講演、テレビラジオの出演など幅広く活動している。日本だけでなく、シンガポールでも活躍中。

増税前に優先的に買うべきものは「額が大きく、値崩れしないしないもの」

ーーいよいよ消費税10%が迫ってきました。増税前に夏のボーナスを使ってお得に買い物をしたい人も多いようです。何を買っておくべきか教えてください。

花輪さん:「増税前に優先して買うべきは額が大きく、値崩れしないものですね」

ーー高額な商品の方が増税後の負担が大きくなるので、今のうちに買っておくべきということはわかるのですが、値崩れしないものとはどういうことなのでしょうか。

花輪さん:「増税後は各店が割引セールなどを行なうことが予想されます。割引される対象になりそうな商品は、今焦って購入する必要はないということです。

高額で値崩れしにくい代表的なものとしては住宅が挙げられますが、購入まで時間を要し、10月までとなるとちょっと難しいと考えられるので、今回はより生活に身近な家電や日用品についてご紹介します」

白物家電・ブランド家電の買い替えがお得!

ーー家電といっても、様々な種類がありますよね。優先して買うべきものの見極め方はありますか?

花輪さん:「白物家電やブランド家電は増税後も大きく値崩れしにくいと考えられるので、増税前の買い替えをおすすめします。具体的にいうと白物家電とは、冷蔵庫洗濯機など生活家電と呼ばれるものです。

ブランド家電は、海外メーカーの製品。スマホ掃除機など海外メーカーのものを愛用している人も多いのではないでしょうか。例えば、ダイソン掃除機など海外メーカーの製品を使ってみたい、買い替えたいと思っている方は今が買い時だと思います。

逆に急いで買わなくても良いのが黒物家電。テレビデジタルカメラレコーダーといった娯楽系家電とも呼ばれるこれらのものは、新商品が出てくると価格が大きく落ちていくため、増税前に優先して購入しなくても大丈夫ですよ!」

憧れていたあのブランド家電を、増税前に買っちゃう?

日用品は軽減税率の対象かどうかも要チェック!

ーー毎日使うものだからこそ、高くなる前に買い置きしておこうと意気込んでいる堅実女子も多いようです。

花輪さん:「日用品に関しては、値崩れしにくいもの、そして軽減税率の対象外のものは買い置きするメリットがあります。例えば市販薬やお酒、タバコなどが挙げられますね。他に見落としがちなのが、カートリッジやコピー用紙、ゴミパック、フィルターなど。これらの補充アイテムは、コピー機やプリンターのような本体よりも値崩れしにくいのです。これからも確実に使い続ける補充アイテムは増税前に買い置きしてもよいでしょう。

また、最近ではフリマアプリで様々なものを売買する方も多いですよね。フリマアプリで購入したものには消費税はかからないので、高額なものでも増税前に急いで買う必要はありませんよ」

ーーゴルフクラブを買おうか迷っていたのですが、新品なら増税前に購入、フリマアプリを利用するなら増税後まで待とうと思います!

増税をきっかけに結婚の話が進む……!?

ーー今回の増税は結婚を考えている人にも影響を与えるのでしょうか?

花輪さん:「結婚式を国内で挙げ、新婚旅行の行き先も国内であれば、増税前の方が金銭的な負担は少なくなりますよね。海外であれば消費税はかからないので、急ぐ必要はないでしょう」

ーー増税をきっかけに結婚の話が進む堅実女子も出てくるかもしれませんね!他に優先する方がよいことはありますか?

花輪さん:「歯のホワイトニングや人間ドックなど保険が効かないサービスは、増税前に受けておくことをおすすめします。他に、エステサロンや習い事のスクールに通っている方は、前払いをしたり、回数券をまとめて購入したりする方がお得です。

あとは自動車を購入する際は、在庫状況を要チェック。引き渡し日が増税後の場合、10%の消費税率がかかる場合があります。納車まで時間を要するようなら、早め早めに行動しましょう」

増税にあたって気をつけたいこと

花輪さん:「ここまで増税前に優先して買うべきものを説明しましたが、これらはあくまでお金に余裕がある場合の話。お財布に余裕がないのにもかかわらず、増税前に急いであれこれ新しいものを購入するのは考えものです。

また、増税前に前倒しでお金を使ったら、増税後に家計のバランスを考えることも大切。増税後は消費を下げないように、各店いろいろな値引きセールをすると予想されますが、財布の紐が緩まないように心がけましょう!」

増税前だからと焦って買い物するのではなく、優先順位をつけて賢く行動しましょう!
関連画像