8月8日に結婚を発表した、俳優の速水もこみちと女優の平山あや。美男美女のゴールインには祝福の声が広がっているが、何より平山については、ここ最近、テレビ等で見かけることがなかったことから、〈そこがあったか!〉とする驚きの見方もあるようだ。

2001年の映画『ウォーターボーイズ』でのヒロイン役で人気に火がついた平山は、女優を軸にモデルバラエティー番組にもたびたび登場していましたが、09年に前年のドラマごくせん第3シリーズ』で共演したHey!Say!JUMPの高木雄也との熱愛が写真誌に報じられて以降は仕事が激減。ドラマも単発モノやちょい役が多くなり、すっかり影が薄い女優になっていましたね」(夕刊紙記者)

 その「ごくせん」の“第2シリーズ”には速水が生徒役で出演しており、その関係で、09年の劇場版では速水と平山は共演しており、その「ごくせん」つながりも話題になっているのだが、気になるのは、高木をはじめとした平山の男性遍歴である。

「とにかくダメ男好きとして有名で、高木とはその女癖の悪さに平山が愛想を尽かして破局したとの話もあります。加えて平山は、自分のことを母親代わりにするような男と付き合っていた過去も明かしているのですが、一方で、そんなダメ男とは正反対の料理や掃除もできる完璧な青年実業家との交際は、物足りなさを感じたことで終了を迎えたとか。速水の場合、どちらかと言えば後者の完璧タイプに近いと思われるため、周辺関係者からは、そんな平山の過去の“癖”が出なければいいがと、心配する声もあるんです」(芸能記者)

 まずは、お幸せに!

アサ芸プラス