就職に向けた夏季インターンシップスタートするこの時期。気をつけたいのが、「就活セクハラ」だ。日本労働組合総連合会が行った調査では、20代女性の12.5%、20代男性の21.1%が、就活セクハラを受けた経験があるという(2019年5月インターネットで調査、対象は就活経験者835人)。

セクハラ
※画像はイメージです(以下同じ)
 前回の記事では、過去に就活セクハラを受けたというエッセ漫画家笹川めめみさんに、就活セクハラリアルな経験談を伺った。

 しかし、自分が被害を受けたということを発信することに抵抗を感じてしまい、泣き寝入りする学生もいる。今回は実際にそういった場面に出くわした時にどうすべきかという対策について話を聞いた。

就活セクハラの対処法「証拠を残す」

マイクロフォン

内藤
内藤光希(以下、内藤):前回は、笹川さんご自身の経験や後悔について伺いました。ツラい経験を漫画としてインスタグラムで発信することで、就活セクハラとその対策についての認知が広がれば、同じようなに泣き寝入りする人が減るかもしれないですよね。


 今回は、具体的に就活セクハラに合わないための対策や、また就活セクハラの現場に遭遇してしまった場合の対処法があれば教えてください。

笹川
笹川めめみ(以下、笹川):最近、就活セクハラの事件が報道されていることから考えても、就活生自身があらかじめ防ぐことは難しいかもしれないです。ただ私の後悔をもとに伝えると、「これはセクハラだ、嫌だ」と思った時に、証拠を残すことはしておいたほうが良いかもしれませんね。

内藤
内藤:それこそ、ボイスレコーダーで録音をしておくということですね。


笹川
笹川:はい、最近は携帯にも録音機能がついてるので簡単に音声を取っておくことができるようになっていますよね。


内藤
内藤:録音を取っておけば、それが証拠になり、あとで何かしらアクションを取ることができるようになりますね。


パニックになってしまった場合は…

セクハラ
エッセ漫画家の笹川めめみさん
笹川
笹川:ただ、これは実際の場面では実践できない人も多いかもしれないです。というのも、私が被害に合ったのは居酒屋でしたが、面接の場で同じようなことに遭遇した場合に録音を始めるのは難しいですよね。また、実際にその場に遭遇すると、パニック状態で「録音をしよう」というところまで頭が回らないと思います。実際、私もそうでした。


内藤
内藤:たしかに、そう冷静ではいられませんよね。

笹川
笹川:もしパニックになってしまった場合は、録音とかはどうでも良いので、とにかく自分の身を守ることだけを考えてほしいです。どうしても相手が面接官や目上の人だと、その後のことを考えてしまうんですよね。「不合格になったらどうしよう」とか「この会社や人との関係性は今後どうなるんだろう」とか。


 でも、そんなことは考えなくて良いです。冷静に考えれば、就活セクハラをするような人と一緒に働くほうが将来不安だと思うんですよね。なので、「この人はおかしい」「これはセクハラだ」と思ったら、迷わず自分の身を守ることだけを第一優先に考えてほしいです。

面接官の「こういう言動」がおかしかった

セクハラ
就活セクハラに遭遇した当時の心境を、笹川さんは漫画で振り返る
内藤
内藤:振り返ってみて、「面接官のこういう言動がおかしかった」という部分はありますか?


笹川
笹川:今思うと、面接の時点でセクハラ的なことをチラホラ言っていたんですよね。その時は冗談なのかなとも思ったんですけど、配慮に欠けていますよね。あとは、自分がすごい人なんだという話を結構していました。たぶん自分の話すことに説得感を持たせようとしてたのかなと思います。


内藤
内藤:普通に考えて、面接の場でセクハラ的な話や質問は必要ないですもんね。少しでも異変を感じたら、身構えたほうが良いかもしれないですね。


 就活セクハラについてニュースで目にすることはありましたが、実際にこうして話を聞くのは初めてでしたので衝撃的でした。

男性で“就活セクハラ”被害を受けている人も

面接

笹川
笹川:私の話は一例に過ぎず、同じような経験をした人がいると思っています。もちろん、そこまで頻繁に起こることではないと思いますが、インスタグラムで発信している私の漫画にも、就活セクハラに遭われた方からコメント欄にメッセージをいただくことがあります。女性に限らず男性で被害を受けている人もいます。


内藤
内藤:女性の面接官や社会人から、性的に不快な発言や行為をされる男子学生がいるということですね。話題になるニュースがそうだからか、世の中的には“就活セクハラ”というと女性に対するセクハラというイメージが強いかもしれません。


笹川
笹川:確かにそうかもしれませんね。SNSでもたまに「これだから男性は……」というコメントをいただくことがあるのですが、そもそも“男性全体”に、または“女性全体”に問題があるのではなく、問題があるのはあくまでも“就活セクハラをしている人”なんです。


 だから、こうした話が出た時に男女でそれぞれを一括りにして話をするのではなく、あくまで加害者と被害者として見るべきだとは感じています。

話すか、動くか。絶対に1人で抱えないで

壁 女性

内藤
内藤:就活セクハラをしている人が問題視されて、少しでもそういう人が減っていけば良いのですが……。


 でも事実、セクハラを受けたことがある人は世間が思っているより多いのかもしれません。セクハラを受けていながらも、表で声をあげられなかったり、周りにも相談できない人がやはり多くいるんですかね。

笹川
笹川:そうかもしれないですね。私自身、あるきっかけがあり、つい最近、親に初めて話しました。その場合は余計な心配をさせたくなかったのと、性的な内容でもあるので話しにくかったんですよね。別に自分は何も悪いことしていないのに。


 あとは就活生であれば内定取り消しになったらどうしようとか、周りになんて言われるか怖くて言えなかったり、言っても無駄だと思ってしまう人もいるみたいです。

内藤
内藤:声を上げられずに、泣き寝入りするしかなくなっているのが現状なんでしょうか。


笹川
笹川:そうですね……。でも、私から伝えたいのは「一人で塞ぎ込まないで相談してほしい」ということです。私も最初、漫画で就活セクハラについて描く時は抵抗が全くなかったかというと嘘になります。


 SNSという性質上何を言われるかわからないですし。でも、漫画を公開したことで様々な意見をいただくことができて、就活セクハラにあった当時も周りに相談していれば、自分には考えつかないような対応策を提案してもらえるかもしれないと思いました。

内藤
内藤:なるほど。あとは、周りに話すことで気持ち的にも良い面がありそうですね。


OGOB訪問やインターンでも用心して

面接

笹川
笹川:周りに話すことで心の負担は軽くなるかもしれないです。就活セクハラを受けた時は、抱え込まず周囲か警察に相談するなど、可能な限りで構わないのでアクションを起こしたほうが良いと思います。


 たとえ結果が望みどおりにいかなかったとしても、行動することで後悔は残らないかと思いますね。私はそれができなかったので、後悔だらけになりました、なので同じ思いはしてほしくないです。

内藤
内藤:なるほど……できるだけ多くの人に後悔しないでいてほしいですね。これから就職活動が始まり、OGOB訪問やインターンシップなどで、学生が社会人と接する機会が多くなるでしょう。


 そんなときに頭のどこかに「就活セクハラ」というものがあるという事実を知っておくことは大切かもしれないですね。その上で、自分の成長のためにも社会人から多く学ベると良いですよね。

笹川
笹川:そうですね。これから就職活動が始まる方、ぜひ頑張っていただきたいです。応援しています。


内藤
内藤:今日はお話を聞かせていただきありがとうございました


<取材/内藤光希 文/橋口和奈 イラスト/笹川めめみ>



【笹川めめみ】
エッセ漫画家1992年生まれ。関西在住。広告卒業後、就職活動を経てブラック企業に入社。精神疲労し、1年近くニートをしながらインスタグラムで自身の体験を綴ったエッセイ漫画を描き始める。現在は印刷会社で一般事務をしている。リアルな体験談がコミカルに書かれた漫画が大人気。インスタグラム(@mememis888)フォロワー数は3万人

【内藤光希】

2018年株式会社ビーボに入社後、制度構築や採用など組織作りに携わる。現在は新卒採用の責任者を務めながら、企業内youtube「就活チャンネル」にて就活や働くのリアルを発信

エッセイ漫画家の笹川めめみさん