20110429natsuno01.jpg iモードの生みの親で株式会社ドワンゴの取締役・夏野剛氏は2011年4月23日ニコニコ動画で生放送された番組「勝間和代#デキビジ」に出演。キャリア官僚への任期制導入について言及し、「10年経ったら辞めるべき」という持論を展開した。

 司会の勝間和代氏の「官僚も局長以上を実力制にすると、かなり変わると思う」という発言を受け夏野氏は、

公務員に関しては、10年任期制を入れるべき。そしたら、『自分の人生の中で、どの10年を国のためにやろうかな』という計算ができる。地方公務員は事情が違うが、少なくとも霞ヶ関のキャリア官僚は10年単位で変わるので良いのではないか」

 と語った。

 この発言には司会の勝間氏も納得のようで、「全体的に新陳代謝がとにかく足りないので、何らかの方法で新陳代謝を入れないと。一緒に私たちも沈むわけにはいかないので...」と続けた。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]「公務員は10年経ったら辞めるべき」から視聴 - 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv47029233?ref=news#01:20:00

(鏡)

【関連記事】
佐々木俊尚氏、震災後にTwitterで見られた「情報リテラシー」を斬る
堀江貴文氏「犠牲を乗り越えてリスクに立ち向かうのが人類」
民主党は官僚にだまされた? 「ヤメ官」による政策リポート