将棋の竜王戦挑戦者決定三番勝負の第1局8月13日に行われ、豊島将之名人(王位、29)と木村一基九段(46)が午前10時から対局中だ。

 過去11回の対戦があり豊島名人が6勝5敗と勝ち越している両者の対局だが、現在は王位戦七番勝負でもタイトル争いを繰り広げている。王位戦タイトル竜王戦ではタイトル挑戦権をかけた番勝負を繰り広げていることから、ファン・関係者の間では七番勝負と三番勝負、合わせて「十番勝負」と呼ぶ声もある。

 本局は相掛かりからスタートしたが、長時間の対局ながら、午前中から大駒を交換、お互い激しい攻めを繰り出す展開になっている。

 持ち時間は各5時間で、振り駒の結果、先手は木村九段九段。第2局は豊島名人に決まり、第3局まで行った際には、再度振り駒となる。なお、現タイトル保持者は、広瀬章人竜王(32)。AbemaTVではこの対局を終了まで生放送する。

【昼食の注文】

 豊島将之名人 一口ヘレカツ 木村一基九段 やきめし

【昼食休憩時点での残り持ち時間】

 豊島将之名人 4時間33分(消費27分) 木村一基九段 3時間53分(消費1時間7分)

(C)AbemaTV
午前中から激しい戦いに 豊島将之名人 対 木村一基九段 現在対局中/将棋・竜王戦挑決三番勝負