シャンプーを使わず、「湯シャン」をする人が増えている

 昨今、「湯シャン」をする人が増えているという。髪をお湯だけで洗う人が増えているのだ。

 そういう俺も、シャンプーを使わなくなって5~6年。実感として、お湯だけに変えた当初は髪がゴワゴワしたが、その後はすぐに滑らかになって、手ぐしもスッと通るようになった。シャンプーやリンスでのサラッという感じとは違う、自然なサラ~ッという感じだ。

 空気中にあるタバコなどの臭いや汚れを、髪は吸収しやすい。シャンプーをしていると、その臭いとシャンプーが混じってさらに不自然な臭みになる。お湯だけで洗髪をしていると、それもなくなった。フケも確実に減った。

 髪を洗うのも毎日ではない。「汚れたら」「汗をかいたら」「出かける前」だけだ。結果として毎日洗う日が続くこともあるし、数日洗わないこともある。

日本人が毎日髪を洗うようになったのは、ここ20年ほどのこと

 そもそも日本人が髪を毎日洗うようになったのは、ここ20年ほどのこと。江戸期から戦後初期までは月に1~2回洗う程度だった。1960年ごろ、5日に1回くらい洗うようになった。シャンプーが登場したのは1965年ごろだ。1980年代になると、週に2~3回洗うようになった。誰もが毎日頭を洗うようになったのは1990年代半ばになってから。

 俺(現在48歳)の子どもの頃を思い出すと、「髪なんて毎日洗わなくたっていい」と言われた覚えはあるが、「髪は毎日洗え」と言われたことはないように思う。思春期の10代後半から、周りを気にして毎日シャンプーをするようになったことは覚えている。

 よく考えてみれば、各家庭に給湯器が普及し始めたのだって1970年台後半だ。それまでの長い時代、例えば冬の寒い朝にお湯で朝シャンするなんて、物理的にも作業的にも欲望的にもありえなかった。

 シャンプーの成分として使われている界面活性剤や化学合成された香料・防腐剤・保存料・鉱物油などは、それぞれ添加する理由はあるにせよ、人体に良いとは言い切れない。危険性が言われているものもたくさんある。

 清潔であることは良いことだが、洗いすぎによる問題も生じかねない。頭皮には常在菌がいる。悪玉菌が臭いの原因になるが、洗いすぎで善玉菌まで落としてしまうと、悪玉菌が優位に繁殖してむしろ臭ったりかゆみが出たりする。

シャンプーを使わなくなってから、かゆみや嫌な臭いが減った

 俺の実感としては(これは人によって違うだろうけど)、シャンプーを使わなくなってから変なかゆみがなくなった。いい匂いがしない代わりに、臭くもない。ただし、数日洗わないと臭う。しかしそれは、シャンプーを使っていた時よりはひどくない。

 さて、俺が言いたいのは「毎日髪を洗うな」とか「シャンプーを使うな」ということではない。「髪は毎日洗うもの」「髪を洗うにはシャンプーが必需」という常識を疑い、違う試みと検証をしてはどうか? ということだ。どんな試みも人によって違う結果になるだろうし、単純に正しいとか間違いなんて言い切れない。だからこそ常識を疑って試してみて、自分なりの形を選べば良いのだ。

 以前、SNSで「シャンプーを使わなくなって久しい」と書いたことがある。すると老若男女からいろいろな反応があった。

「僕も飲み会などでタバコ臭くなった時などしかシャンプーはしません。その方がいろいろと調子がいいです」

「湯シャン歴5年くらい? 経過しました。温泉に週2回行くたびに、シャンプーの化学香料の恐るべき強さにひっくり返りそうになります」

「湯シャンではきしむ! という場合には、炭酸水(重曹+クエン酸)をリンス代わりにするのが私のお勧めで~す」

「俺も頭皮&環境に悪影響と考えて、10年ほどシャンプーをしていない」

「無添加石鹸で体を洗いつつ、頭も洗っています。シャンプーをやめると最初は髪が傷みますが、しばらくすると元にもどります。その後、より髪質がよくなったように思います」

◆「シャンプーは自分にとって本当に必要なのか?」を考えてみよう

 本題に入ろう。俺たちが住む世の中は「必要ないものを売ろう、買わせよう」という世の中でもある。良いものが発明されて、それを享受できることは発展だが、すべての商品がそうではない。むしろ要らないものの方がはるかに多い。

 シャンプーから始まり、リンス、頭髪料など、どこまでが必需品で、どこからが不用品か。それぞれ読者の判断に任せるが、本当にそれが必要なのか考えてほしいのだ。

 ちなみに俺は、リンスも頭髪料も一切使わない。だから我が家の洗面台も風呂も、数多のプラスチック容器がなくスッキリしていて、清掃のモチベーションも上がる。モノを置く場所が汚れるわけで、モノがなければ、モノをどかす、モノ自体を拭く、という行為をする必要がない。その分、掃除が圧倒的にラクになる。虫の隠れ場所もない(笑)

 シャンプーがなくたって、髪は清潔にできる。シャンプーを使わないほうが髪にも健康にも良いかもしれない。プラスチック容器などのゴミも減らせる。常に俺たちは消費を促され、出費が増えるばかり。だから「もっとお金を稼がねばならない」「もっと働かねばならない」となってしまうのだ。

◆消費を減らし、幸せを目指そう

我が家の風呂場は、余計なものがなくてスッキリ

シャンプーひとつごときで大げさな……」と思われるかもしれない。しかし、大量生産・大量消費・大量廃棄が、異常気象をはじめとして人間社会を蝕んでいることは説明せずとも分かるだろう。

 一方で同時に、格差拡大が進み、貧困化する人々が増して、シャンプーを買うのに困る人もいる。カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞した『万引き家族』(是枝裕和監督)では、少年がシャンプーを盗む場面がある。家族たちが洗髪はお湯で大丈夫と知っていたら、シャンプーをケチったり万引きしたりする必要があっただろうか。

「消費を増やせ!」と経済成長を目指せば、幸福度や満足度が上り坂、という時代はとうの昔に終わった。その幻想を追いかけて、未だにできもしない経済成長を目指すから、気候も環境も、幸せも暮らしも下り坂になる。もうそろそろ右肩上がりではなく、幸せを目指そう。 

 政治家も産業界もジャーナリストも「消費を増やし、環境も改善しよう」というが、そんな方程式は、未だ誰も確立できていない。いつか方程式が解けるまで待つのか。待っている間に人類はひどいことになりはしないか。

 もう正直に認めよう。「消費を減らして、環境を改善しよう」と。それなら誰でもわかる当然の方程式だ。だが、これだけ言うと「でも、人間の欲望は抑えきれない」という人がいる。

 ではさらに言おう。

「消費を減らし、幸せを目指そう」

 シャンプー消費を減らしたほうが、買い物選びの時間も減らし、出費も減らし、働く時間も減らし、ゴミも減らせる。その見返りとして、髪の質と健康が増し、自分の時間が増え、家の中がスッキリするのだ。

【たまTSUKI物語 第19回】

【髙坂勝】
1970年生まれ。30歳で大手企業を退社、1人で営む小さなオーガニックバーを開店。今年3月に閉店し、現在は千葉県匝瑳市で「脱会社・脱消費・脱東京」をテーマに、さまざまな試みを行っている。著書に『次の時代を、先に生きる~まだ成長しなければ、ダメだと思っている君へ』(ワニブックス)など。また、筆者の「誰にでも簡単に美味しい料理ができる」調理方法とレシピYoutube「タマツキテキトー料理 動画&レシピブック」で公開中。
【sosa project】