暮らしに役立つ情報をお伝えするTOKYO MX地上波9ch)の情報番組「東京インフォメーション」(毎週月―金曜、朝7:15~)。
今回は7月から9月まで「防災ノート活用促進月間」に合わせ開催されている「親子防災体験」と「防災標語コンクール」や、女性の防災人材育成を目的に開催される「防災ウーマンセミナー」などを紹介しました。

◆「防災ノート」活用促進月間

都の教育委員会は、7月から9月までの「防災ノート活用促進月間」に合わせ、「親子防災体験」と「防災標語コンクール」を開催しています。

これは、「防災ノート~災害と安全~」を活用し、学校・家庭・地域が一体となった防災教育を促進するために実施しています。

9月30日(月)までに「防災ノート」の小学生版を持参して、都内8カ所の防災体験施設の「親子防災体験」に参加した児童には、先着順で防災グッズプレゼントされます。

そして、「防災標語コンクール」は中学生が対象です。

「防災ノート」や防災ブック「東京防災」を通して学んだことを踏まえて作った防災標語を“のぼり旗"にして校内で掲げ、防災意識を高めてもらおうというものです。

考えた標語を「防災ノート」に記載し、9月6日金曜日までに学校へ提出してください。

学校ごとに選ばれた優秀作品を都の教育委員会が“のぼり旗"にして、学校に贈ります。

関連リンク
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/06/27/12.html


◆防災ウーマンセミナー開催

女性の防災人材育成を目的に、今年度1回目の「防災ウーマンセミナー」が開催されます。

このセミナーは、災害時に避難生活で起きることを女性の視点から学びます。

今回は「女性防災人材とは」「多様な視点で見る避難所生活の問題と対策」と題した、2つの講演が行われます。

今月31日(土)の午後2時から4時まで、都庁第一本庁舎5階の大会議場で開催されます。

対象は都内在住・在勤・在学の初めて防災を学ぶ人で、男性も受講できます。

はがきインターネットFAXメールのいずれかで、19日(月)までにお申込みください。

定員は300人です。手話通訳、車いすスペース、託児の希望も受け付けています。

託児は6カ月以上の未就学児が対象で、定員は8人です。

関連リンク
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/07/19/06.html


◆夏の都立動物園・水族園2

お盆休みの今週は、多摩動物公園と葛西臨海水族園を日替わりでお伝えします。

きょうは、葛西臨海水族園です!

関連リンク
https://www.tokyo-zoo.net/zoo/kasai/


<番組概要>
番組名:東京インフォメーション
放送日時:毎週月―金曜 7:15~7:20
キャスター:久保井朝美、平川彩佳
番組Webサイトhttps://s.mxtv.jp/tokyoinfo/

「親子防災体験」に参加すると先着順で防災グッズがプレゼント!「防災ノート活用促進月間」