国内アニメ作品数No.1(※)見放題サイトdアニメストア」( https://anime.dmkt-sp.jp/ )では、2019年5月に募集した「あなたのおすすめのOP(オープニングアニメ)」のアンケート結果を、特集ページで公開しました。

テーマごとに、ユーザーの熱いコメントと共に紹介しています。懐かしい曲から最新曲まで様々!気になる曲があったら「オープニングを再生する!」から視聴も可能。是非チェックしてみてね♪
※国内の定額動画配信サービスにおいて。2019年3月時点、NTTコム リサーチ調べ。

みんなで選んだOP特集:https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/CP/CP00001017


【作品の世界観にピッタリ!】
SSSS.GRIDMAN』 OPタイトルUNION
投稿者コメント
“悪を倒す”以上に“人を救う”ヒーローであるグリッドマン、25年振りに復活した彼らしさに溢れた歌詞を疾走感溢れる曲とヒーローらしいカッコいい映像が盛り上げます。初見時、泣ける歌詞では無いのに懐かしさと格好良さで感動して泣きそうになりました

【歌詞にも注目してほしい!】
五等分の花嫁』 OPタイトル:五等分の気持ち
投稿者コメント
OP中の歌詞が印象的でしたね。AメロとBメロの歌詞が一花から五月が1人ずつ歌っていくんですが、特に一花から三玖の部分は本編中の彼女達が本当にそうなっている事ですし、何度も繰り返し聴いたりしてました。サビの歌詞でも、これはきっと中野家の五つ子が風太郎くんに対して思っている事だと思っていて、もう最終回終わっちゃった事ですけど、風太郎くんとの結婚相手を本編やサビの歌詞からも考えてしまいます。

【熱い気持ちを呼び起こす!】
進撃の巨人』 OPタイトル紅蓮の弓矢
投稿者コメント
アニソンの定番といえばやっぱりこの曲!途中、歌詞と映像がリンクするところもカッコいいし、今時サビで主人公の名前を叫ぶ曲もなかなかないのでめちゃくちゃ熱くなります!!終盤の立体起動で兵士が一斉に飛ぶシーンも迫力があって、曲・映像共に大好きなOPです。

【曲や映像がかっこいい!】
デュラララ!!』 OPタイトル裏切りの夕焼け
投稿者コメント
OP映像が進んでいく中で次々と連鎖的にキャラクター紹介が進んでいくところは今見てもカッコいいと思います。OP曲の間奏中に回想が入るのもいいところ。

【かわいくて元気になる!】
中二病でも恋がしたい!』 OPタイトルSparkling Daydream
投稿者コメント
サビに入るとついつい指を回してしまう!六花可愛すぎ!

【思わずリピート!癖になる!】
らき☆すた』 OPタイトルもってけ!セーラーふく
投稿者コメント
とにかく歌詞は謎!!たぶん一生意味は分からないけど、この曲が流れるとどうしようもなくワクワクしてしまう!大好きなOPです。

ダンスシーンに魅了される!】
人類は衰退しました』 OPタイトルリアルワールド
投稿者コメント
思わず妖精さんと一緒に踊りたくなるそんな曲

【当時の思い出が蘇る!】
タッチ』TVシリーズ  OPタイトルタッチ
投稿者コメント
小学生時代の運動会でも応援歌替え歌に。行進曲も、タッチBGMが利用され、タッチ尽くしの年がありました。自分が応援団長になった年で本当に記憶してる。今MIXでも吹奏楽で蘇りそうで楽しみな一曲。


紹介しきれなかった作品やコメントは『みんなで選んだOP特集』でチェック
https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/CP/CP00001017

(C)円谷プロ (C)2018 TRIGGER雨宮哲/「GRIDMAN」製作委員会
(C)春場ねぎ講談社/「五等分の花嫁製作委員会
(C)諫山創講談社/「進撃の巨人製作委員会
(C)成田良悟アスキー・メディアワークス池袋ダラーズMBS
(C)虎虎/京都アニメーション中二病でも製作委員会
(C)美水かがみ/らっきー☆ぱらだいす
(C)2012 田中ロミオ小学館/妖精社
(C) あだち充小学館・東宝・ADK


===== ◆ご利用料金:月額400円(税抜)
※契約日・解約日にかかわらず、毎月1日から末日までの1か月分の料金となります。
 日割り計算はいたしませんのでご注意ください。

【初回31日間お試し無料】
dアニメストアの初回お申込みから月額利用料が31日間無料となります(契約回線1回線につき1回のみ適用)。無料期間中にお客様よりサービス解約のお申出がない場合、無料期間終了後は有料となり、無料期間終了日の翌日が属する月より月額利用料(1か月分)がかかります。

サービスの詳細についてはドコモのHPをご確認ください。
NTTドコモ→商品・サービスdアニメストア
=====

配信元企業:株式会社ドコモアニメストア

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ