7月から韓国で起きている反日運動は、落としどころが決まらないまま狂気と化している。

JBpressですべての写真や図表を見る

 筆者は最近韓国コスメが「K-ビューティ」として中国はじめ東南アジアなどでも注目され始めたことを記事にした。

 その中で、K-ビューティが大手のコスメ企業だけでなく、中小企業のアパレルブランドからも起業できるのは、韓国コルマとコスメックスのおかげだと書いた。

 韓国コルマとコスメックスが化粧品のOEM(相手先ブランドによる生産)をしてくれるからである。

 さて、この韓国コルマが今大変なことになっている。

 日本が韓国をホワイトリストから外すことにした7月から韓国では日本製品不買運動が続いているのは、日本の報道でもご承知の通りだ。

 7月末からは毎週土曜日に反日ロウソク集会も大々的に開かれ、そこに参加する人たちも多い。

 しかし、前記事(「日本の輸出規制に大喜びする韓国人https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/56981)でも書いた通り、韓国人全員が同じことを考えているわけではない。

 反日デモを繰り返したり、日本製品不買運動を表明する人たちに対し、扇動されていると懸念する人たちもいる。

 そういったことが克明に分かるのは、今のところユーチューブの中である。ユーチューブでは、自分のチャンネルで思い思いの話ができるからである。

 特に、ここ数か月で政治をテーマにするユーチューバーたちが頭角を現し始めた。

 元々マスコミ出身の人が運営するユーチューブもあれば、普通の社会人ながら今の政治や言論にもどかしさを覚えて、自分なりに勉強をしてユーチューブで意見を述べる論者たちも多くなっている。

 これまでツイッターインスタグラムなどのSNSは進歩系といわれる左派の独擅場であった。しかし、こうしたユーチューブでは保守系といわれる右派のチャンネルも多く見かける。

 さて、今回韓国コルマの会長を辞退にまで追い込んだ事件は、あるユーチューブの動画を役職員に見せたことが発端となった。

 その動画を制作した主は「リソプTV」チャンネルを運営している。

 「自分より年下の20代から30代初めの青年たちが政治にあまり関心がなく、報道されている内容をよく理解していないので、兄貴的な存在として彼らに難しい政治用語などを分かりやすく説明する趣旨でチャンネルを作っている」という。

 今回問題になった動画のタイトルは「ホワイトリスト、とても分かりやすく説明します」というものだが、動画のサムネイルは「韓国女子たち7000ウォン(700円)で体を売ることになるかも(´;ω;`)ウッ…」というものだった。

 えてして刺激的なサムネイルの方が食いつきがいいのでそんなサムネイルにしたのだろうが、今回はそれが仇になった。

 韓国コルマは、8月7日、新社屋移転の記念朝礼の時間に上記の動画を流した。動画の内容は少し長いが全文を訳そう。

「こんばんは、リソプです。今日は数日前から話題になっている、

「今、リアルタイムでのネット検索語1位が『ホワイトリストの意味』となってますが、何かピント外れな気がします」

「今は、ホワイトリストの『意味』のようなものが重要なのではありません。韓国と日本がなぜこんなふうになり、今どんな状況にあるのか、また韓国がこれからどのようになるのか、この事態がなぜ深刻な問題なのかを知るのが重要なのです」

「私が今まで反日事態に対する動画を3本撮ったのですが、この動画に日本に関するすべての内容、エキスを盛り込んで今日もできるだけ短く、面白く説明します」

「今、反日事態に関してちゃんと分かっていない人が周りにいるなら、この動画を一つだけでもシェアしてください」

「すでに私の他の動画をご覧になった方は、若干重なる部分があるかもしれませんが、この動画にはもっと詳細に説明した部分があるので、必ず最後まで見てくださればと思います」

「この動画さえ見れば、皆さんもこれから政治の会話に参加することができます」

「では、ホワイトリストとは何か。とても簡単です。ブラックリストの反対語だとか何とかというより、ただ日本が他の国と貿易取引をする時に一般的な国よりずっと便宜を図って優遇する国を指して『ホワイトリスト国』というのです」

「このホワイトリスト国から韓国が今度外されることになったというんです。じゃ、今度は韓国がなぜ日本との同盟が破れてホワイトリストから排除されたのかが重要になるでしょう」

「まず、それに対して答えましょう。昨年韓国の裁判所で日本の企業に対し、日帝時代に強制徴用された被害者たちに賠償をせよという判決を下したからです」

「しかし、韓国はすでに1965年日韓請求権で日本の当時の外貨準備高の半分である3億ドルを賠償してもらい、韓国と日本はこれ以上この問題については異議を唱えないという条約を締結します」

「そして、そのお金を基に韓国は世界で例を見ない目覚ましい経済発展を成し遂げます。その当時の大統領朴正熙大統領だったのですが、じゃ、その朴大統領に文句を言うべきか」

違います。この強制徴用工の補償問題は、実は今回の文在寅政権の時だけ議論されてるのではありません。前の政権からずっと議論されてきたのです」

「それでこの論争をどうかもう終わらせようとした人がまさに皆さんがあれほど好きな廬武鉉元大統領だったんです」

「廬武鉉元大統領2005年度に『官民共同委員会』というのを開いて7か月間調査をしたのですが、廬武鉉が命令して調査して出した結論は『日本からもらった3億ドルに強制徴用に対する補償金が含まれている』という内容です」

「これが2005年廬武鉉政権の時に出た『官民共同委員会』の結論なんです。お金をもらったということですでに終わったという結論を出したんです」

李明博とか朴槿恵の時ではなく、廬武鉉政権の時です。これがまた廬武鉉一人の決定だったのか?」

違います。この委員会の委員が文在寅大統領で、この委員会の委員長は現在共に民主党代表であるイ・ヘチャン党代表です。この人たちがみんな署名をしたんです」

文在寅も署名し、イ・ヘチャンも署名してこの話は全部終わったんです。それを文在寅大統領になってから、自分が確かにこの問題は終わったと署名したはずなのに、そしらぬ顔でこのような**(俗語)げたことをしているんです」

「しかし、それだけではありません。文在寅がこれまで日本、安倍(晋三総理)にしたことを私が全部言います」

「まずは、先ほど言った強制徴用に関する内容で、2番目は、文在寅は(ドナルドトランプ(米大統領)と安倍の面前で『日本は韓国の同盟ではない』と発言したのです」

「韓米日同盟をしている状況で、正面切って同盟国家を無視する発言をしたんです」

「3番目、『慰安婦支援和解癒し財団』を解散させました。さらに、慰安婦合意までも無効だとぶち壊しにかかりました」

「4番目、青瓦台大統領府)が朝鮮日報(保守系新聞)に対して『土着倭寇のような見方、情けない』という発言もしました」

青瓦台が直接土着倭寇という言葉を使って反日フレームを被せたのです」

「5番目、それにもかかわらず安倍がハングルで書いたケーキ文在寅プレゼントしたのですが、文在寅は『自分は甘いのは食べない』と言って面前でまた拒否しました」

それなのに、金正恩とはケーキをよくも食べました」

「6番目、そんなことをしながらも日韓関係が最悪だという指摘には『根拠なし』と言いつつ同意せず、ずっと『来年の国会議員選挙は日韓戦』と公言して、反日不買運動を助長し、自分の支持率アップだけに熱中しました」

「これは、聖人君子でも耐えられません。安倍が文在寅の面をこぶしでひっぱたかなかっただけでもとてもすごい指導者であることに違いありません」

文在寅政権で今やっていることを見てごらんなさい。自分で同意してサインしたのを今度はまた国民個々人が謝罪を受けて補償されたものではないからと、またお金を出せと言いながらぶち壊してるんです」

「これを李明博朴槿恵サインしたからという理由ならまだ私も理解できます。何で自分でサインしておいてこんなことをするんだ。本当に認知症になってサインしたのを覚えてないのかな」

「皆さんは皆さんが交通事故を起こしたとして被害者が示談金をもらい示談成立だという署名もしたくせに、毎年やって来てお金を要求したら、お金あげますか」

「ちなみに、1965年当時、日本が先に直接被害を被った個人に対する補償を希望したのですが、韓国側がそれはいいと断ったのです」

「個人に対する問題は韓国がやるからという主張をしたので、国が代表して賠償金をもらったのです」

「それに、廬武鉉も7か月間調査をしてそれに同意し、文在寅も同意し、イ・ヘチャンも同意した」

「ま、じゃ百歩も千歩も譲って国が謝罪を受けたのは国民が受けたのではないとしましょう。じゃ、金正恩は6.25(朝鮮戦争)参戦勇士一人ひとりに対して謝ったのか。いや、国に対してでも謝罪したのか」

「でも、金正恩とは国益のために過去の過ちがあっても伏せておこうと言ったじゃないか。それに、自分の口で日本は韓国の同盟国じゃないと言ったじゃないか」

「だから日本は文在寅が言ったとおりに『あ、そう? 同盟国でないんだね。分かった。じゃ、同盟国じゃないことにしよう』と、同盟国に施していた恩恵をなくしただけじゃないか」

「じゃ、良かったじゃない? 思い通りになったでしょう。それを何でこれを報復だと国民を扇動して国をこんな状態にするんだ」

「じゃ、日本との同盟が破れた韓国はどのようになるでしょうか。半導体がどうの、産業がどうの、そんな難しいことは言いません。ただ、表を一つだけお見せします」

「日本の輸入依存度の高い品目。ご覧ください。みなさんが実生活で使っているほとんどの製品が日本に依存せずには作ることができないんです」

「それにこれだけの問題でもありません。日本が韓米日3か国同盟をしている状況で、米国の許可もなく韓国をここまで突き放すでしょうか。とんでもない」

「安倍は自国民に『トランププードル』というあだ名で蔑まれるくらいただ国の利益のために、国民を豊かにするために自分の自尊心など構わずに尻尾を振る人です」

「国の発展のために今すぐは少しプライドが傷つくかもしれませんが、自国に核爆弾を2発も撃った米国の機嫌をとりながら国政運営をして今の日本は韓国GDPの3倍、世界第3位の先進国になったのです」

「日本は韓国との同盟を破る前にトランプにすべて許可を得ていて、トランプも仲裁をする気など一切ないと言いました」

「これは何か。もう韓国は米国からも見捨てられたということです」

「『La gente es lo primero』一時経済大国で世界石油埋蔵量1位、ベネズエラの経済を破綻させたベネズエラの4選大統領『(ウゴ・)チャベス』のスローガンです」

ベネズエラ法人税引上げで企業が全部出払い、無分別な福祉政策のせいで国庫が底をついて破綻したと思っている人たちが多いのですが、ベネズエラが破綻した決定的な原因は、選挙を控えて施行した反米政策のせいでした」

「当時ベネズエラ国民は、今日本に堂々と物申すと喜んでいる韓国人のように米国に対して堂々と物申すと歓喜し、おかげでチャベスは選挙では勝利しましたが、米国の経済報復によってベネズエラは主産業である原油輸出先がなくなり、経済が破綻したのです」

「先ほど言った『La gente es lo primero』は何という意味でしょうか。韓国語で『人が先だ』です」

文在寅がいつも言っていることですよね。それに先ほど言ってベネズエラでやってた政策。法人税の引上げ、無分別な福祉、強大国に対して対策もなく堂々と反抗すること、全部今韓国がやっていることですよね」

「『韓国はベネズエラとは違う』と言う人もいるでしょう。そうです、違いますベネズエラは世界で石油が一番多く埋蔵されている国で、韓国は石油が一滴も出ない国です」

「石油がそんないっぱいあるベネズエラも米国が背中を向けるとすぐに破綻したんです。それで今ベネズエラ国民はみんなゴミ箱を漁り、ベネズエラの女性たちはたった7ドルで身を売っています」

「もうすぐ韓国もそうなります。あり得ないと思うでしょう。ベネズエラも経済大国だったからそんなふうになるとは思いもしませんでした」

「韓国も後数か月です。いますぐドルを買ってください。世界のどの歴史をみても『福祉』と『平等』を叫ぶ左派が掌握した国は全部破綻し、またどの歴史を見ても国益より自尊心を立てて興じた国はありません」

「韓国は米国と日本が首根っこをつかまえてやっと耐えていたのに、彼らも我慢し切れずに私たちを諦めたんです」

「皆さんが、今夏休み中だからとホカンス(ホテルでバカンスを過ごすこと)したり、ペンションに行ったり、東南アジア旅行したりする時じゃないんです」

「どうしようとして、こんなこと(反日、日本製不買運動)をするんです。悟っている市民だといってたじゃないですか。じゃ、自分たちが今やっている日本不買運動がどんな意味があるのかぐらいは知ってなきゃいけないでしょう」

「自分たちが支持する大統領がどんなことをしているのか知ってから支持すべきじゃないですか」

「これだけ一生懸命反日運動している人間がホワイトリストが解除された日もまだホワイトリストの意味が分からなくてそれを検索して、ネット検索1位になり、文在寅が当選した当日にやっと文在寅の公約を探したから、当選した日に『文在寅の公約』がネット検索1位になるんでしょう」

韓国人は今や『当然のように与えられ続けていたから、あまりにも当然すぎてその有難みを知らなかったこと』に対する代価を支払うことになるでしょう」

「米国は韓米同盟でこの国を守ってくれ、日本はホワイトリストで韓国の貿易を助け、男たちは国防の義務を果たし、経済は大企業によって発展し、火事になれば消防車がやって来て火を消し、病気になって病院へ行けば世界最高レベルの医療陣が最低コストで治してくれるのは当然って思ってるでしょう」

「でもね、当然なのは一つもないんです。韓国が『漢江の奇跡』を成し遂げ、輸出大国という自負心を持つ前に米国や日本からもらったことに対する国民的な教育が必要です」

「特に、米国の存在はこの国の誕生と維持において最も重要な核であり、日本もそれに次ぐ重要な国となりました」

「誰が何と言っても良くも悪しくも私たちに近代化を始めさせてくれた存在であり、私たちが学んでいるすべての西欧文明は日本で解釈され翻訳され理解された産物です」

「また、世界第3位の経済大国であり、実質的に最も隣接した近代化西欧文明国家です。私たちは私たちの国益のために彼らを尊重し、認めなければなりません」

「あり得ない扇動もまた排撃しなければなりません。当然として与えられていた感謝すべきことに対する蔑視や歪曲、さらに嫌悪まで当然のように行われる社会。必ず罰を受けることになるでしょう」

「私が21世紀を生きながら『国益』でなく、『サイダー外交(他国に対して言いたいことを思いっきり言う外交)』などを外交目標にする国を見ることになるとは夢にも思いませんでしたし、それが韓国になろうとはさらに知りませんでした」

「この動画にはまた左派、文在寅支持者がやって来て『フェイクニュース』だと炎上させるでしょうが、私も今日こそは私が言ったことが本当にフェイクニュースであったらと思います。韓国、もうそんなに長くありません(意訳)」

 これが問題の「リソプTV」動画です(https://www.youtube.com/watch?v=iZoZg44suuY)。

 突っ込みどころはいくつもあるだろうが、問題視されたのは主に次の3つ。

「安倍が文在寅の面をこぶしでひっぱたかなかっただけでもとてもすごい指導者であることに違いありません」

 次に「日本の首相に自国の大統領を殴ってもいい」という表現。

 そして「ベネズエラの女性たちはたった7ドルで身を売っています。もうすぐ韓国もそうなります」で、これは女性蔑視だという。

 これがネットだけでなく、地上波ニュースでも流れ、韓国コルマの株価は下がり、不買運動にまで拡散した。そして、結局会長は謝罪会見をした後、自ら会長職を辞職すると表明した。

 ある特定の政治的な論調を会社内で流したのは、いくら最古経営責任者(CEO)の意図であっても反対派の人にとっては苦痛であると思う。

 しかし、もし同じユーチューブの動画でも今の政権を褒め、反日運動を促す内容のモノであったら、ここまでしただろうか。

 結局、誰かを血祭りに上げたら徹底してぼこぼこにする。今や反日運動だけでなく、自分たちと反対を意見を持っているというだけで、自国民の企業に対しても不買運動が始まった。

 この狂風の落としどころはどこになるのか。

 ユーチューブの動画で触れているように「ドルを買う」べきか。すでに賢い人たちはウォンの暴落を見据え「ドル買い」に走る人たちが増え都市銀行にドル不足が出ているという話がまことしやかに流れている。

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  驚愕、韓国が北朝鮮に弾道ミサイル供与か

[関連記事]

「日韓対立は韓国のせい」米国人学者が痛烈批判

日本の輸出規制に大喜びする韓国人

韓国をホワイト国指定から外すことに対して、反日・日本製品ボイコットを叫ぶデモ。(写真:AP/アフロ)