女優の中谷美紀が主演を務め、吉岡里帆永作博美、宮本信子が共演するスペシャルドラマ『あの家に暮らす四人の女』(テレビ東京系9月30日21時)の放送が決定。さまざまな性格の4人の女性による共同生活が描かれる。

【写真】ドラマスペシャル『あの家に暮らす四人の女』原作書影

 本作は直木賞作家・三浦しをんの同名小説(中央公論新社)のドラマ化。谷崎潤一郎没後50年の「谷崎潤一郎メモリアル特別小説作品」として発刊され、今回が初映像化となる。

 刺繍作家の牧田佐知(中谷)と気ままな母・鶴代(宮本)、佐知の友人で毒舌な谷山雪乃(永作)と雪乃の後輩でダメ男に甘い上野多恵美(吉岡)の4人が暮らす、東京杉並の古い洋館。同じ敷地内に長年住み続ける謎の老人・山田一郎も交わり、笑いと珍事に事欠かない牧田家の日々。そこに多恵美の元カレでストーカー化している本条宗一の影が迫る。さらには、佐知に恋が訪れそうになり、そして、洋館にある“開かずの間”を開けたことをきっかけに、平穏な日常がにわかに変化する。

 主演の中谷は「実際の家族と過ごすよりも心地の良い奇妙な共同生活が、これから長い老後を孤独に過ごさざるを得ない現代のひとびとにとって、一筋の光明となれば幸いです」と語り、「演技の達者な方々とあの洋館でともに暮らすことが叶い、幸せでした。和を重んじる傍らで、決して立ち入り過ぎない程よい距離は、物語同様心地よいものでした」と撮影を振り返る。

 吉岡は「隣にいるあなたの大事な人がより愛しくなるような、そんな温かい人間模様が描かれています。このドラマを見れば、もう少し頑張ろうと思えたり、“まぁいっか”と良い意味で肩の力が抜けると思います」とコメント

 永作は「ありえなさそうな4人ですが、なぜかいつもリアリティーに辿り着くという流れがあって、不思議な構成の家族形態になっていることも新しいなと思うし、興味深いところだと思います」と語った。

 宮本は「台本を読んだ時は、女4人が別々のキャラクターで世代も違うので、あの家に住んでどうなるのかなという興味がありました。この作品は今のドラマの中ではちょっと変わった切り口で、おとぎ話のように感じます。どんな声が届くのか楽しみにしています」とコメントを寄せている。

 ドラマスシャル『あの家に暮らす四人の女』はテレビ東京系にて9月30日21時放送。

ドラマスペシャル『あの家に暮らす四人の女』メインカット(左から)宮本信子、中谷美紀、永作博美、吉岡里帆(C)テレビ東京