プリンセスプリンセスギタリスト中山加奈子がヴォーカルギターDragon Ashや黒夢のサポートSADS等で活躍したギタリスト坂下たけとも、ZIGGYの全盛期を支えたドラマー大山正篤、本田恭章、中村あゆみサポート他、数々のバンド、中山加奈子とのVooDoo Hawaiiansのベーシストとして活躍する曽我”JETTSOUL”将之。

平成を代表するロックバンドメンバーが集結して札幌のライブハウス、クレイジモンキーの五周年に出演したのが話題になっています。

参考記事:YOSHIKIとGACKTが番組中に食べたお菓子に予約殺到 二人の”裏にいる人物”に注目 | TABLO

「5周年なのでスペシャルな事やりに来て! と言われたので3人に声かけたら二つ返事で快諾! 持つべき物は音楽的にも人間的にもリスペクトできる仲間ですな!」(大山正篤)

東名阪等でもライブを望む全国のファンから声が寄せられています。

デビューして32年経ちましたが、こうしてプロアマ問わず様々なミュージシャン達からお声がけ頂き、全国各地でライヴができるのは光栄至極です、まだまだ演りますよ!」(大山正篤)

一方、1989年 GD FLICKERSメジャーデビューし、実兄本田毅の(PERSONZのギタリスト)とfringe tritone等で活躍するベーシスト本田聡は、メジャーデビュー30周年を記念した“Satoshi Honda 30th Anniversary LiveSatoshihonda.com』”を、2019年10月5日(土)東京 下北沢 SHELTERメンバーレベッカ筋肉少女帯等で活躍したギタリストの友森昭一と大山をメンバーとして発表しました。

「友森と聡は高校の同級生で、俺達3人は30年来の飲み仲間。ちょっとしたパーティーとかで、何度かセッションしたこともあって、その都度バカウケしたので、期待を裏切らないステージになるでしょう」(大山正篤)

平成のヒットミュージシャンの新たなコラボレーションが楽しみです。(文◎九頭龍腐流腐流)

あわせて読む:娘の高校にいる「歌が超上手くて、昔テレビに出たこともある英語の先生」の正体はなんと…… | TABLO

大山正篤氏