【元記事をASCII.jpで読む】

Twitterの新機能
ブックマーク」「ダークモード」をチェック

 新しいデスクトップTwitterには、いくつか新機能が搭載されている。今回はその中でも、多くの人にとって便利な「ブックマーク」と「ダークモード」についてチェックしていこう。

ツイートを誰にも知られずメモできる
ブックマーク

 「ブックマーク」はその名の通り、必要なツイートを個人的に記録して後で読める機能だ。スマホ向けのアプリ版では以前から対応しており、デスクトップ版での対応が待たれていた機能だ。

 利点は、気になるツイートを、ほかの人に知られず記録できる点にある。現在「いいね」をつけたツイートは、その内容がツイートした本人に知られるのはともかく、「いいね」をつけたツイートの内容が「〇〇さんがいいねしました」というメッセージとともに他人のタイムラインへ流れる場合がある。これでは、個人的に記録したいだけのツイートに対して気軽に「いいね」できない。

 だが「ブックマーク」なら、ブックマークしたことをツイートした本人はもちろん、他人にも知られることなく記録できる。表立って「RT」や「いいね」をしたくないツイートも、気軽に記録しやすいというわけだ。

 ブックマークするには、ツイートアイコン欄の一番右側、「いいね」の右にある「共有」を意味するアイコンクリックして「ブックマークに追加」を選べばいい。素早くブックマークしたい場合は、ツイートクリックしてキーボードの「B」を押すだけでも登録できる。

 追加したブックマークは、画面左のメニューの「ブックマーク」から確認できる。

 この便利なブックマークだが、登録したブックマークの整理が煩雑という欠点もある。現時点では選択削除のような機能がなく、削除するにはツイートごとに毎回「共有」アイコンクリックして「ツイートブックマークから削除」を選ぶしかない。なお、ブックマーク画面の右上にある「…」メニューの「保存を全て削除」を選ぶと、本当にブックマークがすべて削除される。管理の不便さは改善を望みたいところだ。

暗い場所でも文字が見やすく省電力
ダークモード」を使おう

ダークモード」は、Twitterの画面を黒やグレー中心の配色にできる設定だ。

 最近のアプリやOSのトレンドとなっている機能で、普段はもちろん暗い場所でPCを操作する場合も画面がまぶしくなく見やすいといった利点がある。また、有機ELディスプレイ搭載PCの場合は、画面の明るさ設定が同じでもダークモードのほうがより省電力に動作する。

 設定方法は、左メニューの「もっと見る」をクリックして「表示」を選ぶ。この画面では、背景画像でダークモードを選べるほか、フォントサイズや配色も変更可能だ。背景画像には「ダークブルー」と「ブラック」が用意されており、好みで選ぶといいだろう。

 筆者は、コントラストがきつくなく見やすいダークブルーを常用している。通常利用はもちろん、暗い室内でノートPCの明るさを下げた状態にしても,文字が見やすく使いやすい。有機ELディスプレー搭載のノートPCを利用している場合は、より省電力化を期待できるブラックを選ぶのもありだ。

 また、ダークモード以外にノートPCを省電力に使える設定や、通信量を抑える設定を求めているなら、「もっと見る」→「設定とプライバシー」→「データ通信量」からデータセーバーをオンにしよう。画像や動画データの先読みを止めて、通信量と消費電力を節約できる。画像は自動表示したい場合は、データセーバーはオフにして、動画の自動再生だけを止めるよう設定しよう。

 次回は、投稿やトレンド表示の新機能と、見直しておきたいTwitterセキュリティー設定について見ていこう。


Twitterの新機能「ブックマーク」「ダークモード」をチェック