ジェイソン・ブラムが製作し、リー・ワネルが監督するSFアクション映画『アップグレード』より、予告編とポスタービジュアルが解禁された。最強AIによるアクションが展開される。

【写真】ジェイソン・ブラム製作映画『ハッピー・デス・デイ』1&2、フォトギャラリー

 『ゲットアウト』『セッション』『ブラッククランズマン』などアカデミー賞作品から『パラノーマルアクティビティ』シリーズ、『インシディアス』シリーズ、『ハロウィン』などのホラー作品まで手掛ける気鋭のプロデューサージェイソン・ブラムと、『ソウ』シリーズの脚本や出演、『インシディアス 序章』で監督デビューを果たしたクリエイター、リー・ワネルがタッグを組み、全く新しいSFアクションを誕生させた本作。2018年のサウス・バイ・サウスウエストのミッドナイターズ部門と、第51回シッチェス・カタロニア国際映画祭オフィシャルファンタスティック・コンペティション部門で観客賞を受賞した。AIの力で人間を超越した身体能力を手に入れる男、グレイ・トレイスを『プロメテウス』『スパイダーマンホームカミング』のローガンマーシャルグリーンが演じる。

 近未来。グレイ・トレイス(ローガン)は、妻のアシャ(メラニー・バレイヨ)と仲睦まじい日々を送っていた。しかしある日、謎の組織に襲われ、最愛の妻を失い、自身も全身麻痺の重症を負ってしまう。失意の中、巨大企業の科学者が、実験段階にある「STEM」と呼ばれる最新のAIチップグレイの体に埋めることを提案。手術の結果、グレイは再び体を動かすことができるようになる。そればかりか、「STEM」に身をゆだねると、人間を超越した身体能力を手に入れ、さらに、「STEM」は頭の中の相棒としてグレイと対話するようになる。身体能力を“アップグレード”されたグレイは、手に入れたこの力を駆使して「STEM」と共に妻を殺害した組織に復讐を誓うのだが…。

 予告映像は、グレイが謎の組織に襲われる場面から始まる。続いて、全身麻痺となったグレイがAIチップ“STEM”を体に埋め込み、妻を殺した謎の組織を次々と倒していくさまが描かれる。ラストでは「俺は忍者だ」と言うグレイに対し「私は最新の技術であり忍者ではない」と脳内で冷静にツッコミを入れる相棒“STEM”とのやりとりもあり、スタイリッシュアクションシーンコミカルなやり取りの対比が印象的な映像となった。

 ポスタービジュアルは「復讐が、〈起動〉する―。」というキャッチコピーとともに、グレイの顔が半分不自然にぶれており、どこにも姿のない“STEM”の存在を感じさせ、人間とAIの共存を表現するビジュアルとなった。

 映画『アップグレード』は10月11日より全国公開。

映画『アップグレード』ポスタービジュアル(C) 2018 UNIVERSAL STUDIOS