詳細画像はこちら

タイプS 北米で復活

ホンダが北米で展開する高級車ブランドアキュラ」は、タイプSコンセプトを、来週にアメリカで開催するイベントで初公開する。そのデザインスケッチが発表された。

コンセプトは、アキュララインナップに、高性能シリーズの「タイプS」が再び導入されることを示すモデル。今後追加される第2世代のTLXタイプS(アキュラの中型セダン)に大きな影響を与えるものと説明されている。

詳細画像はこちら
アキュラタイプSコンセプト

デザインは、「プレシジョン・クラフテッドパフォーマンス」をテーマスタンス、プロポーションを描き、豊かな表情と力強さを感じさせながら、クリーンでまとまりのあるシルエットを作り出したという。

2016年のデトロイト・モーターショーで発表された「アキュラ・プレシジョンコンセプト」の美しさとスタイリングベースに、ワイドなトレッドと低く構えたスタンス、広々としたエンジンフードによってパワフルな造形を作り出している。

また、次世代型となる片側4灯式の「ジュエルアイ」LEDヘッドライトダイヤモンド・ペンダゴングリル、「シケイン」デイタイムラインニング・ライト/同テールライトも、アキュラの新しいデザインエレメントを示すものとなっている。

2車種のタイプS 登場へ

アキュラタイプSコンセプトの大きなエアインテークセンター/サイド)は、高性能エンジンブレーキシステムに必要なエアフローを取り入れるための機能性を確保しながら、NSXのディテールを進化させたデザインを採用しているのが特徴。

専用の外装色「ダブル・アペックス・ブルーパール」は、タイプSの伝統であるブルーオマージュしたカラーリングとされているのも、アキュラが本コンセプトへ込めた想いを感じさせる。

詳細画像はこちら
アキュラタイプSコンセプト

アキュラタイプSコンセプトは、北米時間の来週にアキュラのプライベート・レセプションで世界初公開され、同週末のクエイル・モータースポーツギャザリング、ペブルビーチ・コンクールデレガンスに展示される予定だ。

なお、アキュラは今後2年間に2車種のタイプSを登場させることを宣言している。


アキュラの記事
アキュラ・タイプSコンセプト TLXタイプSを示唆 モントレーカーウィーク
タイプS復活へ アキュラ・タイプSコンセプト予告画像 モントレーカーウィークで発表
アキュラTLX(2020年モデル) ホンダの北米向け中型セダン P-AWSも
300ZX、RX-7、NSX、スープラ、LFA 日本のスポーツカー、北米オークションの評価は?

■モントレーカーウィーク2019の記事
マクラーレンGT by MSO 大英博物館をオマージュした内装 ビスポーク・モデル
インフィニティ30周年 「エディション30」が、Q50/Q60/QX50/QX60/QX80に登場
アキュラ・タイプSコンセプト TLXタイプSを示唆 モントレーカーウィーク
ランボルギーニ・ミウラ、5台集合 ミウラP400/SV/SVR ペブルビーチ・コンクール

アキュラ・タイプSコンセプト TLXタイプSを示唆 モントレーカーウィーク