令和の大学生100人アンケート 戦争体験を直接聞いた「41%」、日本の戦争可能性「23%」 から続く

 元号が令和に変わり、初の終戦記念日を迎える。終戦から74年。戦争体験者は減り、戦後生まれの人口はすでに8割を超える。

 文春オンラインでは、現役大学生100人に「戦争」についてのアンケートを実施。前回は太平洋戦争の体験者から当時の経験を直接聞いたことがありますか」で「はい」が41%、「日本は今後30年の間に戦争に参加する可能性があると思いますか」で「はい」が23%、という結果を紹介した。

 今回は大学生たちにとって「太平洋戦争」のイメージを作ったのはどんな作品なのか、アンケート結果から見ていきたい。(全2回の2回目/#1から続く

◆◆◆

過半数の票を集めた「火垂るの墓

 大学生には「あなたの中で太平洋戦争イメージを作った本や映画・テレビ番組はありますか」という質問をし、「硫黄島からの手紙」「永遠の0」「この世界の片隅に」「ちいちゃんのかげおくり」「特攻の島」「日本のいちばん長い日」「野火」「はだしのゲン」「ひろしまのピカ」「火垂るの墓」「その他」から選択してもらった(複数可)。

 1位は55票を集めた「火垂るの墓」だった。1967年に発表された、野坂昭如の短編小説。戦火の下、親を亡くした兄と妹が終戦前後の混乱の中を必死で生き抜こうとするも、悲劇的な死を迎えていく姿を描く。1988年に同名のアニメ映画(監督・脚本高畑勲)が公開された。

 2位は「はだしのゲン」と「永遠の0」が40票で並んだ。「はだしのゲン」は、漫画家・中沢啓治による、広島での被爆体験を元にした自伝的漫画。「永遠の0」は百田尚樹の作家デビュー作。2013年に実写映画が公開されている。特攻として戦死した祖父の実像を探るストーリーだ。

 4位には「硫黄島からの手紙」(38票)が入った。2006年に公開されたクリント・イーストウッド監督作品。「父親たちの星条旗」と合わせ、太平洋戦争における硫黄島の戦いを日米双方の視点から描いた。

 5位は「ちいちゃんのかげおくり」(29票)。空襲に遭う女の子の童話作品で一部の国語の教科書にも載っていた。6位は「この世界の片隅に」(17票)。こうの史代の同名漫画を原作に2016年に公開されたアニメ映画。呉に嫁いだ主人公が、戦時下の困難のなか、工夫を凝らして豊かに生きる姿を描く。

 では1位~6位の作品について、大学生から寄せられた感想を紹介していこう。

「サクマドロップ」が印象的

1位 「火垂るの墓」(55票)

<戦争に巻き込まれた戦災孤児の行く末を知る作品>(男性・22)
<罪のない人の生活まで国の事情でめちゃくちゃになるという酷さを知った>(女性・20)
<すごく悲しい作品。サクマドロップが印象的>(女性・21)
<戦争は子供にとっても物凄く辛いものだと思った。後味が悪かった>(男性・18)
<犠牲になるのはいつも罪のない人たちなんだと感じた>(女性・19)

2位 「はだしのゲン」(40票)

原子爆弾の残虐さと恐ろしさを感じさせた。使ってはいけない兵器だと改めて思った>(男性・20)
<10年以上前に小学校図書館で借りて読んだ。悲しくて悲惨で、1巻だけ読んでそれ以降読めなかった>(女性・22)
<軍人では無い、一庶民の立場から見た戦争が描かれている様に感じた>(男性・20)
<とても怖い記憶がある。 小学生の時に読んだがショックだった>(女性・21)
<グロい。見ていられないがこれが現実なのかと思う>(女性・21)

2位 「永遠の0」(40票)

<特攻隊のイメージ。自分の命をかけてでも相手を倒す、それは戦時中には誇らしくて讃えられることだという、今を生きる私たちには到底理解し難い話だと感じた>(女性・20)
<こんなに簡単に命が散っていいのかと思った>(女性・21)
<昔のようにお国のために死ねる人は今はいないと思う>(男性・20)
<戦争経験者から話を聞くのも重要だが、永遠の0のようにドラマや映画のほうが理解しやすい>(男性・20)

「日本兵が燃えるシーントラウマ

4位 「硫黄島からの手紙」(38票)

<重苦しくて砂を食べているような気分になった。戦争経験者の祖父母と一緒にテレビで見て、祖母は泣き祖父は無表情だった>(女性・22)
<戦時中の「自決することが誇らしい」という描写が印象に残った>(女性・20)
<日本兵が防空壕の中で火炎放射にあい、燃えるシーントラウマなるほど印象的。日本人アメリカ人も、母と子や夫と妻を思いやる気持ちは変わらないのに殺しあわなければならない戦争の惨さがつらい>(女性・21)

5位 「ちいちゃんのかげおくり」(29票)

<未だに忘れられない。小3の頃に国語で読んだ。最後にちいちゃんがかげおくりするところで、胸をしめつけられた>(女性・22)
<国語の授業で読んだが、挿絵も印象的で心に残った>(女性・20)
<戦時中に子供一人で生きる子の無念さを感じ、それが実際にあったことであると思った>(男性・20)

6位 「この世界の片隅に」(17票)

<戦時中に生きている人達のそのままの生活が描写されて、きのこ雲を今の人達とは違う気持ちでみていることが描かれており 、今までとは違う視点で戦争を見られた>(男性・21)
<戦時中の人々の生活がありありと伝わってくる。アニメにし、グロテスクシーンも少ないが、きちんと伝わってきて、みんなに勧めたい>(女性・21)
<戦争の悲惨さというよりは、戦時中の日常生活の内容をよく知ることができた>(男性・20)

(#1「大学生に聞いた『日本の戦争可能性はある?』」より続く)

(「文春オンライン」編集部)

1945年2月、硫黄島の戦いで擂鉢山に星条旗を掲げる米海兵隊員 ©AFLO