セビージャは14日、モナコからポルトガル代表MFロニー・ロペス(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までとなる。

ベンフィカの下部組織出身のR・ロペスマンチェスター・シティやリールを経て2015年モナコに加入。昨シーズンは左ウイングを主戦場に前線のあらゆるポジションをこなし、公式戦29試合で4ゴール2アシストを記録した。

セビージャにとってR・ロペスは11人目の補強に。これまでにFWルーク・デ・ヨングやDFセルヒオ・レギロン、MFフェルナンドなどの獲得を成功させており、3月に復任したモンチSD(スポーツディレクター)の手腕が存分に発揮された夏を過ごしている。

なお、スペインマルカ』によればセビージャモナコに移籍金2000ユーロ(約23億7000万円)を支払ったとのこと。また、同日にモナコセビージャからフランス代表FWウィサム・ベン・イェデル(29)を獲得している。

サムネイル画像