「失望しました。僕には立花さんがNHKくらい暴力的に見えます」

 8月12日NHKから国民を守る党(以下、N国党)の代表、立花孝志参院議員を痛烈に批判したのは、高須クリニックの高須克弥院長である。

「これは、同日に生放送された『5時に夢中!』(TOKYO MX)に月曜レギュラーコメンテーターとして出演した、マツコ・デラックスを擁護しての発言。マツコは7月29日の同番組で、N国党と立花氏について『今のままだと単なる気持ち悪い人たちだから』などと辛口指摘していました。これに激怒した立花氏が生放送中のスタジオ前に現れ、集まった聴衆や報道陣に対し延々約1時間にわたりマツコとNHK批判の大演説をかましたのですが、これに高須院長が反応したのです」(夕刊紙記者)

 高須院長は13日のツイートでも「営業妨害だと思います。僕の一番嫌いな建設なき破壊行為です。失望しました」「異なる意見の持ち主の意見を封殺しないのが民主主義です。N党は民主主義政党ではないのかな?」と非難。加えて「マツコさんの面白さは歯に衣を着せない毒舌にあります。彼女の生命線とも言えます」とマツコを援護射撃する発言を連投している。

ネット上では、これに同調する声があがり、対してアンチ・マツコが加わった立花氏への応援も相まみれて盛り上がっていますね。そんな中でも多いのは、《立花氏が高須院長にいつ噛みつくのか見もの》という、2人の直接バトルを期待するもの。立花氏は一部スポーツ紙に“MXが謝罪するまで毎週スタジオに出向く”としており、マツコが『5時に夢中!』に出る以上、次回の生放送にも“突撃”する気配。批判する相手に絡む形で自身の主張や党の認知度を高めることが上手な立花氏だけに、確かに高須院長に対してはどう接するか、見ものです」(芸能記者)

 NHK受信料問題に関係なく、面白くなってきた。

アサ芸プラス