中村は古巣戦で移籍後初めての先発 カズは1カ月ぶり公式戦出場

 J2横浜FCの元日本代表コンビFW三浦知良とMF中村俊輔が、14日の天皇杯3回戦横浜F・マリノス戦で先発メンバーに入った。2人の“共演”は、カズが最後に日本代表として臨んだ一戦でもある2000年6月6日ハッサン2世国王杯ジャマイカ戦(4-0)以来19年ぶり。7月にジュビロ磐田から中村が加入後、初めての同時出場となる。

 豪華共演がついに実現する。天皇杯・横浜FM戦でカズは1カ月ぶりに公式戦出場。7月10日、同2回戦の仙台大戦以来となる。中村は移籍後、初めて先発メンバー入り。2人が同時にピッチに立つのは、カズにとって“最後”の日本代表戦となっている00年ジャマイカ戦以来、19年ぶりとなった。この試合で中村は先発し、後半30分から途中出場したカズは代表での“ラストゴールを決めている。

 移籍後の公式戦初先発となる中村にとっては、負けられない古巣・横浜FMとの一戦。7月に磐田から横浜FCへ完全移籍し、ここまでJ2リーグ戦で2試合に途中出場している。先発は今季の開幕戦だった2月23日の第1節松本山雅FC戦(1-1)以来となる。

 長い時を経て、同じクラブで再会を果たした日本代表レジェンド2人。 “天才レフティー”から前線の“キング”へ――。横浜FCでの初共演に注目が集まる。

横浜FCのスタメンは以下の通り。

◆GK
【36】辻 周吾

◆DF
【26】袴田 裕太郎
【33】川﨑 裕大
【24】渡邊 一仁
【2】藤井 悠太

◆MF
【46】中村 俊輔
【8】佐藤 謙介

◆FW
【11】三浦 知良
【15】齋藤 功佑
【13】瀬沼 優司
【9】戸島 章(Football ZONE web編集部)

19年ぶりの同時先発となる横浜FCのFW三浦知良(左)とMF中村俊輔【写真:Getty Images & 高橋学】