ちょっとリッチなお惣菜が昨今続々と開発されている成城石井。

そんな成城石井からシンガポール政府観光局との共同企画として、8月2日(金)より“シンガポールフェア”が開催中。

メニュー考案にあたっては成城石井の社長・原氏と、自家製惣菜を開発・製造するセントラルキッチンのエスニック料理長・勝本氏がシンガポール現地を視察。本場の味わいを再現しながらも、日本人の口にも合うよう工夫を凝らした自家製惣菜やデザートをフェアに合わせて新開発。

ラインナップをご紹介します。

成城石井から「シンガポールフェア」が8月2日より開催中

・成城石井自家製シンガポール風ソイソースチキンヌードル 699円
ソイソースチキンは、鶏肉を丁寧に下ごしらえし、柔らかい食感に仕上げたもの。さらに、中国醤油、酒、みりん、上白糖、中ざら糖、五香粉などを配合した合わせ調味料に漬け込み、一晩寝かせて味がしみこまれています。
麺はシンガポール現地の味わいを再現するためにゼロから国内で開発。 タレは、中国醤油、オイスターソース、シーユーダム(甘くてコクがあり、タイ料理に使用される醤油)を使用した甘辛い味わいに。具材の横に添えている、海老の旨味が詰まったシンガポールチリソースをよく混ぜて。

・成城石井自家製ナシレマ(マレー唐揚げとサンバルチリのココナッツライス) 699円
ココナッツライスには、ココナッツクリームココナッツファインを加えて風味を出しました。マレー唐揚げには、 ターメリックコリアンダー、クミンパウダー、バイマックル等のスパイスと黒糖を使用してスパイシーな味わいに。

調味料「サンバルブラチャン」で炒めたオクラや、ゆで卵落花生などがトッピング。具材の横に添えた、ピリッとした辛さが特長の自家製サンバルソースも。サンバルソースココナッツライスに乗せ、トッピングのちりめんじゃこと落花生を混ぜながらお召し上がりいただくのが本場シンガポール流。

・成城石井自家製 シンガポール風海老スープヌードル(プロウンミー) 699円
本場シンガポールスタイルに習い、中華麺とビーフンの2種類をミックス

海老スープは、アメリケーヌソース、海老のエキス、おきあみ、サンバルブラチャンで仕上げ、濃厚でピリ辛な味わい。海老、ライム、パクチー、もやし、玉葱、さつま揚げ、おきあみ、わけぎをトッピング。

・成城石井自家製 有機豆乳とココナッツの黒胡麻豆花 399円
有機豆乳ときび糖で仕上げたベースの上に、黒練り胡麻、餡子で層になっています。さらに、自家製のココナッツわらびもちくるみさつまいも、くこの実をトッピング。自家製のココナッツクリームジャムと具材を合わせて。

・成城石井自家製 シンガポールパイナップルケーキ 899円
生地は、バター、きび砂糖、アーモンドプードルココナッツファインなどを使用してしっとりとした食感と上品な甘さに。トロピカルで夏らしい味わいのパイナップルケーキ

この夏、旅行気分で堪能できるシンガポールフードの惣菜を味わってみてはいかが。

成城石井「シンガポールフェア」詳細概要

対象店舗:成城石井全店(173店舗)および
ワインバー「Le Bar a Vin 52 AZABU TOKYO」全店(7店舗)
期間:8月2日(金)~31日(土)
一部の商品はオンラインショップ 「成城石井.com」(http://www.seijoishii.com/)でも販売。
※店舗により取扱商品が一部異なります。

―― 面白い未来、探求メディアガジェット通信(GetNews)』
本格派のシンガポール飯! 成城石井「シンガポールフェア」が開催中 食べてみた