詳細画像はこちら

テスラ・モデル3に対抗

BMWの新型電動セダン「i4」が、高温の環境下でテストを行っている様子を収めた写真が新たに届いた。同社は来年の発表に向け、このテスラモデル3のライバルとなるEVの準備を整えているところだ。

これまで撮影されたプロトタイプの写真と同様、このi4には新型3シリーズとの外観上の共通点がはっきりと見られる。また、i4は近々発表される第2世代の4シリーズと設計の多くを共有すると考えられている。

詳細画像はこちら
「リアバンパーとボディ・サイドに、Electric Test Vehicleのステッカーが貼られている」

しかしながら、横から見るとi4は現行型4シリーズより車高(ルーフ位置と最低地上高の両方)が高いことがわかる。これは600kmと言われる長い航続距離を可能にするバッテリーを床下に搭載するため、フロアの位置が高くなっているからだろう。

i4であることを示すその他の特徴としては、フロントグリルが閉じていること、そして偽のエグズーストテールパイプを備えているものの、法律で決められた「電動試験車両」のステッカーが貼られていることなどが挙げられる。

BMW i4は2020年に正式発表された後、電動SUVの「iX3」続いて2021年には欧州で発売される見込みだ。


■BMWの記事
BMWの新型EVセダン「i4」 今度は高温環境下でテスト中 2021年発売へ
BMW 330d xドライブ Mスポーツ・ツーリング
BMW Z4 M40i/ポルシェ718ボクスターT/アウディTT RSロードスター・スポーツエディション
AUTOCARロードテスト懺悔録 最大の判断ミス、理由は様々 いまや評価は正反対?

■EVの記事
BMWの新型EVセダン「i4」 今度は高温環境下でテスト中 2021年発売へ
新型プジョー208のイギリス価格 EV仕様「e208」、補助金で邦貨324万円〜
ミニ・エレクトリック(クーパーS E)初試乗 EVになっても、ミニは変わらず
改良新型スマート・フォーツー/フォーフォー、内装を撮影 全てEVか 9月にマイナーチェンジ

BMWの新型EVセダン「i4」 今度は高温環境下でテスト中 2021年発売へ