ねとらぼ真夏の怖い話特集、第5夜はねとらぼ編集部員の怪談「不自然ホテル」です。

【画像】奇妙なホテルの図面

 出張から帰ってくるなり「これ、特集のネタになりませんか」と声をかけてくれた編集部員Tさんに、心霊体験の一部始終インタビューしました。

●出張先にて

 7月に●●へ出張したんですけど、夏休み期間に入っていることもあって、新しいホテルとか旅館が軒並み埋まってたんですよ。

 テーマパークに近いホテルはみんな埋まってて、でもテーマパークの近くにしかホテルがなくて。で、ちょっと離れたところにある有名な温泉がいいね、ということで行ったんです。ぎりぎりで取ったので、新館じゃなくて旧館に泊まる割安プランだったんだけど、もう寝るだけだからさ、いいじゃんって言って、2人で泊まったんですよ。同行者と私で。

――はい。

 このあたりでは一番の老舗って言われてるところだったの。で、素泊まりなんでね、着いた瞬間に貸切風呂借りて。露天風呂入って。寝るぞって(部屋に)帰ったんですよ。

――それは何時ぐらい?

 着いたのが7時で、9時とかかな。けっこう遊んでたのね、お風呂(笑)お風呂貸し切ってたから。お風呂入って、遊んで、布団も自分たちで敷いて、クーラーもテレビも消して、「よし寝るぞ」って2人で寝てたんですよ。

――どういう部屋ですか? 普通のよくある感じの?

 よくあるというかね……(図を描く)左側が玄関で、右側が窓ですね。窓の前が板の間。ここに机とか椅子があって座れると。で、板の間の奥になぜかお風呂があるんですよ。シャワーね。

――ん……? シャワーのところ、ふつうは冷蔵庫ですよね?

 そうなんだよ。ところがね、冷蔵庫は玄関にあるんだよね。

――なぜ……?

 何かよくわからないけどこういう変な造りだったんですよね。玄関側に押し入れとトイレ。で、居間のテレビを見たいから、こういう風に(ふとんを)並べて寝たんですよ。

――Tさんはどっちに寝ていたんですか。

 こっちが……ここ私。窓側だった。テレビを見ながら、こっち(頭側)に荷物とか置きながら。寝ていたんですよ。で、寝たのが、そうね、11時には寝たんですよ。

――何泊されたんでしたっけ。

 1泊です。で、地方だから見たことない番組ばっかりで、すぐ寝ちゃったんですよ。そしたら、12時ぐらいに、1回めの異音。

――異音。どういう音……?

 それが、1回目の音っていうのは、足音。

――上から?

 上の階から。でもけっこう部屋が隣接してたんで、子どもさんの声とかも聞こえてたんですよ。まあちょっと騒がしかったけどね、11時ぐらいまでわーーっとなっていたけど。「まあまあいいじゃない」と思って。で、最初は足音だったんですよ。

――これ何階なんですか?

 これがね、12階です。

――ほう。それで上にも部屋があると。

 ……と思ってたんですよ。

――はあ……?

 ……で、足音が鳴り始めたんですね。これがパタパタ音なんですけど。

――子どもの軽い音ですね。

 このパタパタ音がね、こちら(窓側)からこちら(玄関側)に向かって走る音なんですよ。1回ジャンプして、パタパタって。これ最初は1人だったんです。この段階では。ところがこの後、30分おきぐらいにパタパタ音が止まらなくなるんです。

――30分おきっていうのは、すぐに止まるんですか。

 止まる止まる。行き切ったら帰ってはこないし、そのあと鳴らない。で、このパタパタが2人になりはじめました。ドン、パタパタ、ドン、パタパタ、みたいな、追いかけっこしてる感じだったの。

――へえ……。

 で、やっぱり上がはしゃいでるんだなと思ってたんだけど。もうこの間隔が狭くなっていって、(0時)40、(0時)50分みたいな感じで、パタパタが続くんですよ。すごい走るの。

 でもまあ夏休みだし、まあまあまあまあ、気にしなきゃいいや、と思ってふとんかぶって寝てたの。そしたら今度バイーン、バイーンって音が始まったの。

――バイーン……?

 1時15分ぐらい。「バイーン」音。今度異音が「バイーン」に変わりました。

――どういう音ですか。楽器みたいな感じ?

 あのね、なんて言ったらいいかな……金属製のものさしをこう(曲げて手を離すジェスチャーをする)やったらバイーンって鳴るじゃん。

――バネみたいな、しなる音?

 そう。しなる音がするんですよ。で、バイーンは明らかにシャワールームから聞こえるんですよ。

 それで、ここで私もいいかげん起きて、古いホテルだから設備的な、水回りの何かかと思ったんですよ。見に行ったんですよ、シャワーのほうに。そしたら全く何の異常もないんですね。

 なんだけど、こっからもう引き続きまして、バイーンとパタパタが。続きまくって、AM3時50分とかかな。いや3時半か。時間見てたんですよ、私。どれぐらいの間隔で来るのか。

 バイーンは大きくなっていくし、パタパタは3人まで増えたの。これはおかしいねって思ったんだけど、一緒に行った人は寝てたので、まあ言わなきゃいいかと。場所も場所だし古いし、何かあるのかもしれない、ぐらいで信じていませんでした。まだ。

――はい。

 そしたらAM3時50分。今までは個別だったんです。バイーンとかパタパタは。だったんですけど、3時50分になった瞬間にまず「バイーン!」って鳴りました。で、その後「バタバタバタバタバタバタ!」って、今までにない走り方で早かった。で「え!」と思った。これ電気をつけたりすると音が止まるんですよ。

 で、待ってたんですよ、こっちも録画してやろうと思って。でも携帯構えて待ってても、全然何も起きないのね。

――足音の人数は変わってないですか。

 3人です。そしたらここにあった窓が、まず「カタ」っていいました。窓が。カタって。カタっていったなあとは思った。見た。そしたら、カタ……ガタガタガタガタガタガタガタ! って、外から思いっきり開けようとしてる。しかもそれが子どもとかじゃなくて、マジで蹴破って入ってくるぐらいの音。

――危機じゃないですか。

 そう。これがね、風で鳴ってる音じゃないの。鍵がぶつかって鳴ってるカタカタなんですよ。私は普通に泥棒だと思いました。で、さすがにこのタイミングで(同行者を)起こします。「起きて!」と。3時50分、同行者も起床。「やばいやばいやばい! 入ってくる!」って言ったから、同行者は意味がわからなくて「何? どうしたの? 寝ぼけてるの?」って。でも同行者は強いから、窓を開けに行ったんだよね。

――はあ……。

 で、ばっと開けて、開けたらバルコニーがあるだけで何もなかったみたいで。隣を見ても「隣、泊まってないよね」って言って。

 ああ、そうなんだ、隣いると思ってたよね、って言って。すごいんだよ、って音の話をしました。そしたらちょっと笑ってました、同行者は。で、まあおかしいよねと言ってたんですけど、まあまあまあまあ寝よ、って言って、AM4時に消灯しました。

 そしたら、消した瞬間に「バイーン」っていうんですよ。で、鳴った瞬間に「ほら」って言ったら、すごく怖くなった同行者がフロントに電話したんですよ。出ません。めちゃくちゃかけました。出ました。

 番頭さんみたいな人が出てきて、「どうされましたか」と。「音がすごくて、上の方がすごい暴れてるみたいで。お酒とか飲んでるのかわかんないんですけど、ちょっと言ってもらえないですか」と言いました。そしたらその人はこう言いました。「お客さま、(お客さまが)お泊まりの部屋は最上階ですよ」って。

――ああ……。

 で、よく見てください、われわれはここに泊まってたんですよ。(図を出す)

――外、何もないじゃないですか。

 そう。全くないの。

――……。

 で、「あらあ」と思いました。でも同行者は私を怖がらせないようにしようと思って「ああ、そうなんですか」って普通にしゃべってるの。上に誰もいませんよって言われてぞっとしたらしいけど。そしたら、向こうの人が「今すぐ行くので、荷物を今すぐまとめてください」って言ったの。

そしたら旅館の人が結構慌てた感じで、もう1分2分で来たの。「荷物まとめられましたか?」って。

――早い。

 そう、めちゃくちゃ早いの。(4時)1分は盛ったかな、電話してたから(4時)4分かな。で、旅館の人が来たの。迎えに。で事情聴かれて話しました。そしたら「今すぐ部屋を移るので」って言われて。

 われわれはね、てっきりこの中(旧館の同じフロア)のどこかに移ると思ってたんですよ。もしくはこの旧館(の別のフロア)のどこかに。そしたら、そうではなくて、わざわざ新館に連れていかれたんですよ。で「とりあえずそこで寝てくれ」と言うので、荷物を持っていくのが大変じゃん、朝4時だよ。で私に関しては寝てないし。だから「もう近くでいいんですけど」って言ったら、「今日は(旧館は)満室なんです」って言われたのよ。

――え、でも、隣はいなかったのでは。

 そう。「そうなんですか?」って言って。「ええ? はいはい……」って言って、とりあえずもう眠たいし、新館に行って寝ました。就寝。こちらの部屋では特に何もありませんでした。

 で、こっからですよ。私と一緒に泊まってた人は気がけっこう強いので、「おかしいじゃないか」と。朝ちょっと旅館の人に鎌をかけて話を聞いてみようよということになりまして。

――強いですね……。一緒に行った方は見えないんですか。

 ……見えます。

――……じゃあうすうすわかってはいた?

 うすうすというよりか、私がおかしいと言った段階で、部屋の様子が来た時と違う、と思っていたらしい。

 それでチェックアウトするときに、仲居さんに鍵を返すじゃないですか。で、パッと見たら、旧館、私たちが最初に泊まってたホテルの鍵、ないの、2つだけだったんですよ。てことは私たち以外に2部屋しか泊まってないんですよ。旧館には。でも昨日聞いたのは「満室です」ってことだったから、おかしいなあと思って。

 とりあえず同行者が車を取りに行ってる間に「いや昨日異音がすごくて」「やっぱ古いからですかね、設備とか」って聞いたら「いやあ……」みたいな。最初とぼけてたんですよ。そんで「上すごい走る音とかして……」って言ったら「子どもですよね」って向こうから言ってきて。

 「子どもの、アレですか? 走る感じの音ですか?」って言われて。「はい」って答えたら「お客さまの部屋では初めてなんですけどね、そういうことは」って言われて。「え? お客さまの部屋『では』?」って思ったよ。でもつっこんだらもうやばそうな感じだった。

 で、窓が鳴った話なんかを言ったんだけど、旅館側の説明としては「反響じゃないか」と。「違う階の音が上に響いたんじゃないか」みたいなことを言うんだけど、明らかにおかしくて話のつじつまが合わないわけ。下の階に泊まってる子どもも、確かめたら1人なの。私が聞いた足音は3人なの。

 とりあえずチェックアウトして、ご飯食べながら「なんかあそこ気持ち悪かったよね」って話をしていて、「名前検索してみたら?」ってことになって。××ホテルってとこだから検索に入れてみたら、すぐ「×× 幽霊」ってサジェストされてきたの。

――ええ……。

 おやおや……っていう話。

――それ詳しく聞かなかったんですか、仲居さんには。

 「もう聞かないでくれ」っていう感じだったよね。

 しかもね、これはたぶん関係ないんだけど、11時から12時に火事になって出られなくなる夢を見ていて。

 ぱっと目が覚めて目に入ったのは「防煙袋」っていう袋で……そんなのなかなか見たことないでしょう? この袋で新鮮な空気を閉じ込めておいて、かぶって逃げてくださいっていう袋だったんですよ。で懐中電灯と防煙袋がぱって起きたときに目に入って、「え? なんなんだろう」と思って。(音が鳴り始めたのは)そっからなんだけどね。

――過去に火事があったんでしょうか。

 わかんない。でもやたら火災に対応するもの……消火器が多かったり、すごく火事に気を付けてるホテルなんだなって、帰るときに思った。もしくは私が全然意識していないところで防煙袋とかを見ていたから、そういう夢を見たのかもしれないけどね。

 そう、あのね。おかしいんですよ。ホテル、こういうふうに(左から右へ上がっていく階段状に)建ってるんですね。私が泊ったのってこっち(旧館Bの最上階)なんですよ。で、ここ(新館の屋上)に露天風呂があるんですよ。で、ここ女性専用なんですよね。

 われわれが露天風呂に入ったときに言っていたのは、「上の部屋(旧館Cの15階)から見えるなあ」って。パッと見てたんだけど、ここ(旧館Cの15階)、明らかに人がいたんですよ。電気もついてたし。でも朝見たら、人が泊まってたのは全部旧館Bの部屋だったんですよ。旧館Cは泊まってないんですよ。

 だから「え? じゃあ昨日見たあれは何だったの?」って話になって。もちろんホテルの人がお掃除してたとか、そういうことかもしれないんだけど、何か……全体的に不自然ホテルでしたね。

ねとらぼGirlSide/不義浦)

編集部員が偶然泊まったホテルで起きた、奇妙な体験とは?