「その強い御心を御自身のお姿でお示しになりつつ」

 皇太子徳仁親王は5月1日、天皇に即位し、平成から令和となった。剣璽等承継の儀の後、即位後朝見の儀に臨んだ新天皇は、初めての「おことば」を発した。今回取りあげたのは、そのなかで示された言葉である。

 この即位後朝見の儀の「おことば」の構成は、平成の時のそれを踏襲していた。まず新天皇は、日本国憲法(今回はそれに加えて皇室典範特例法)の規定によって皇位を継承したことを宣言する。戦前の昭和天皇の時のように、皇祖皇宗、万世一系の天皇という概念はここになく、自身の天皇としての地位はあくまで日本国憲法に基づくこと(つまりは国民の総意に基づくこと)が強調されている。象徴天皇制における即位のあり方が、この最初の文言に集約されていると言えるだろう。そして、「この身に負った重責を思うと粛然たる思い」があることを述べ、天皇となる決意を示した。

上皇の「おことば」への新天皇からのアンサ

 その後、「おことば」は前天皇の足跡を述べる。そこで、平成の天皇(上皇)は「世界の平和と国民の幸せを願われ」てきたと強調するのは、前日に行われた退位礼正殿の儀における上皇の「おことば」への新天皇からのアンサーのようにも思える。上皇は前日、「これまでの天皇としての務めを、国民への深い信頼と敬愛をもって行い得たことは、幸せなことでした」と、国民への感謝の念を述べていた。この短い「おことば」のなかに、「国民」という単語が3度も出ている。そして、令和の時代が「平和で実り多くある」ことを願って、「おことば」を締めくくった。

 いわゆる「平成流」と呼ばれる象徴天皇制のあゆみが、国民を意識して被災地訪問を行い、平和への想いを持って慰霊の旅を行っていたことなのはよく知られている。新天皇は前日の上皇の「おことば」に対して、自身の「おことば」でやはり「国民」・「平和」という概念を用い、それに返答したのである。

「強い御心」と「天皇は祈っているだけでよい」の関係

 そして、上皇の姿を「その強い御心を御自身のお姿でお示しになりつつ」と表現した。「その強い御心」とは何だろうか。上皇は天皇に即位する前、「天皇は、政治を動かす立場にはなく、伝統的に国民と苦楽を共にするという精神的立場に立っています」と述べ、天皇のあり方を提起していた(「読売新聞1986年5月26日)。そして、その信念を基に、上記のような「平成流」の象徴天皇制を実行していった。被災地を訪問し、人々の声に耳を傾ける。それは、2016年8月の退位の意向をにじませた「おことば」のなかでも、「これまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました」と強調されたことである。

 とはいえ、退位について議論した政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」のなかで、平川祐弘東京大学名誉教授や渡部昇一上智大学名誉教授ら保守派の有識者と呼ばれる人々が、「平成流」のあり方を否定し、「天皇は祈っているだけでよい」という旨の発言をしたことがあった。これに対し、上皇はショックを受けたとされる(「毎日新聞2017年5月21日)。自らのあゆみが否定されたからである。しかし、新天皇は「おことば」のなかで、そうした「平成流」を高く評価した。「国民と苦楽を共にする」ことを、被災地訪問などを積極的に繰り返して自らの姿をさらすことで人々に示そうとする上皇のこれまでのあゆみにあえて言及し、「強い御心」と形容してそれへの批判をはね除けようとしたのである。「平成流」を自身が継承していくことを示したとも言えよう。

「自己の研鑽に励む」とは、自らのカラーを出していくこと

 そして、「上皇陛下のこれまでの歩みに深く思いを致し、また、歴代の天皇のなさりようを心にとどめ、自己の研鑽に励む」と強調する。上皇を含めた「歴代の天皇のなさりよう」を意識すること、それは過去の天皇のあゆみを自らも引き継ぐという意思であろう。

 ただ、それだけでもない。それを踏まえて「自己の研鑽に励む」という。それは、時代・社会の状況に応じ、自らのカラーを出していくことではないか。たとえば、ライフワークとしている水問題などにも取り組むことができるのではないか、と2019年2月21日皇太子時代最後の誕生日記者会見でも発言している。まさに自身も「その強い御心を御自身のお姿でお示し」しようとしているのではないか。

 平成から令和の象徴天皇制がどのように継続しつつ、変化するのか。今後に注目していきたい。

(河西 秀哉)

5月1日、即位後朝見の儀 宮内庁提供