保安、金融、産業、医療、教育など、人工知能(AI)は各分野で使用され、実体経済の発展を支援している。中科高服はこのほど発表した「中国AI産業研究報告書2019」の中で、スマート経済時代の新たな産業版図が大まかに形成されており、AI中核産業規模が今年570億元(約8500億円)近くに達すると予想した。現在は保安及び金融の市場シェアが最大で、産業、医療、教育などの分野も爆発的潜在力を秘めている。北京日報が伝えた。
商用化はAI発展の現段階のはっきりしたテーマだ。AI技術駆動段階はかつて、AIアルゴリズムモデルの競争を重点としていた。今や商業シーンの洞察、専門家チームの実力への依存を強めている。AI技術と業界の実需を結びつけ、応用・経済の価値を生む。
報告書によると、保安、金融、カスタマーサービス、医療・健康、小売、広告・マーケティング、教育、都市交通、製造、農業など10の伝統産業が現在、AI商用化の中心分野になっている。しかし製造シーンは基礎建設が複雑で、データ獲得の難易度が高く、そして実際のスマート応用が依然として非主流であることから、AI応用の短期間内の浸透は困難だ。医療、小売、交通などのシーンについては、AI技術と各種シーンの中核ポイントとのマッチング度が上がり、製品が次第に改善されることで、将来的により大きな価値が引き出される。農業は技術の基礎、ビジネスモデル、購買力などの問題があり、現時点ではAIによる支援効果が顕著ではなく、今後の模索が必要だ。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

中科高服はこのほど発表した「中国AI産業研究報告書2019」の中で、スマート経済時代の新たな産業版図が大まかに形成されており、AI中核産業規模が今年570億元(約8500億円)近くに達すると予想した。資料写真。