写真共有サイトSnapchat」を運営するSnapは、同サイトコンテンツアップするのに使えるカメラ搭載サングラスシリーズ第3弾となる「Spectacles 3」を発表した。

第1、第2世代と違い、目の前のシーンを3Dで撮影でき、またアプリコンテンツに3Dエフェクトを施してアップできる。

・デュアルHDレンズ

フレーム端にカメラがくるというデザインは第1、第2世代と同じだが、Spectacles 3はフレーム部分がやや角ばった形になっている。カメラ2つはHDで、2つを同時に使うことで撮影する写真やビデオに奥行きを持たせられる。

サングラスはワイヤレスでスマホシンクし、撮影したコンテンツアプリアップされる。

・ビデオ撮影は最長1分

撮影したものをそのままSnapchatアップしてもいいが、バーチャルの魚や鳥、紙吹雪といったものを加えるなどエフェクトを施せるのでかなりユニークコンテンツを作成できそうだ。

ちなみにビデオの撮影は最長1分までとなっている。旧世代では10秒ほどだったことからすると大幅な改善といえる。

Snapchatは特に若い世代に支持されているSNSで、日常を切り取ってすぐにシェアするのに使われている。サングラスは、そのコンテンツをより日々の暮らしに密着させつつ、グレードアップさせたい人向けのものといえる。

Spectacles 3は現在サイトプレオーダー受付中。旧世代よりも高機能になったぶん、価格は380ドル(約4万円)とお高めになっている。

Spectacles

3Dスナップをシェアできる! Snapがカメラ搭載新サングラス「Spectacles 3」発表