lightning-1506403_640_e

Image by Tom1000 from Pixabay

 「雷は同じ場所に二度落ちない(Lightning never strikes twice)」――アメリカにはこんな諺がある。同じような悪いことは起きないという意味だ。

 元になったのは、ハミルトン・マイヤーズの『Thrilling Adventures of the Prisoner of the Border』という小説に登場する人物がいった「雷は同じ場所に二度落ちないさ、おそらく砲弾もね」というセリフだ。

 砲弾についてはそうかもしれないが、雷については修正したほうがいいかもしれない。一生のうちにいくどか雷に打たれた人の話がたくさん伝わっているからだ。

 そしてもう一つ、「雷に打たれると異能に目覚める」という噂がまことしやかに囁かれている。ここでは実際に雷に打たれた後、奇跡の生還を遂げ、そればかりか特殊な力を身につけたとされる3つのケースを見ていこう。

―あわせて読みたい―

大丈夫だったとは言え・・・走行中の車に雷が落ちる瞬間をとらえた映像
「キリンってほかの動物にくらべてカミナリが落ちやすいの?」その疑問にお答えします
雷が鳴っているときに外に出るの危険!傘を差した少年の間近に落雷!その恐怖を伝える動画(アルゼンチン)
落雷による傷跡。人体に刻まれた稲妻のような樹状の図形「リヒテンベルク図形」(※閲覧微注意)
バイク乗りが落雷で絶命。なぜゴム製のタイヤは彼を守ってくれなかったのか?(アメリカ)

1. 電気に強い体となり人間避雷針となった男性

 おそらく一番有名なのはロイ・サリヴァンだろう。アメリカ・バージニア州の公園監視員だった彼は、1942~1977年の間に7回も雷に直撃し、「人間避雷針」と呼ばれた人物だ。この記録のおかげでギネスブックにも載っている。

 もちろん滅多にあることではないが、雷は同じ場所に落ちるのだ。そうした悪運もなかなか興味深いが、何度雷に打たれることで、電気に対する耐性を身に着けたのかもしれない。

lightning-2416659_640_e

Image by Murtaza Ali from Pixabay

2. 落雷により視力を回復、聴力もアップした男性


 アメリカメイン州に住むトラック運転手だった、エドウィン・E・ロビンソンという男性は交通事故で失明した。どうにも生まれついて運に恵まれない人物だったようで、落雷にまで遭遇してしまった。

 ところが、どうしたわけかそれによって視力が回復したのだ。それどころか耳まで良くなったと証言している。

iStock-503731454_e

Image by releon8211/iStock

3. 寒さにめっぽう強い体となった男性


 アメリカミズーリ州の電気技師、ハロルド・ディールという男性も同じようなことを話している。当時31歳だった彼は、自宅へ運転している途中にひどい嵐に見舞われた。

 どうにか無事に自宅にまでたどり着いたが、幸運はそこで尽き、車から降りた途端に落雷に遭ってしまった。

 「3、4歩歩いたところで、柔らかい綿を踏んだような感じがしました。頭が肩の後ろに落ちて、肩甲骨の間に引っ張られているような、そんな感覚を全身で感じました。」

 意識は回復したが、特に雷に打たれたような気はしなかったという。だが隣の家のフェンスの向こうにいることに気がついた。もともと歩いていたところから15メートルは離れたところだ。

 衝撃でブーツが脱げ、ベルトのバックルやらポケットの小銭やら、身につけていた金属はみな溶けていた。それでも奇跡的に助かった。

 後になって、背骨にひどい怪我を負っていたことが判明したが、雷の影響はそれだけでなかった――寒さにやたらと強くなっていたのだ。

 それどころか、マイナス23度以上になると暑さすら感じるようになった。また、体温が35.1度と若干低めになった。

 ディールの変貌には職場の同僚たちも驚いた。気温はマイナス6度に冷え込んでいるというのに、コートすら着ようとしないのだ。

 この奇特な体質にはマスコミも注目し、雪が降りしきる中に半袖短パンという出で立ちになっての写真撮影を求められるようになった。

 さらに落雷の危険性の啓発や被害者支援を目的とする、落雷・電気ショックインターナショナルという団体の広報責任者にまで就任した。

10_e


あくまでもレアケース。雷は危険なので避難しよう!


 こうした落雷によって異能力が芽生えたというエピソードはあるものの、むろん、それが目的で雷に打たれようなど危険極まりないし、命を落とすのがオチだ。

 アメリカでは年に300人が、日本でも20人が雷で亡くなっている。怪我を負った人間ならさらに多いし、雷は無数の山火事の原因でもある。

 雷が発生中は外にでないようにしよう。万が一遭遇してしまったら、建物内に避難するか、建物が近くにない場合、低い場所で身を隠せる場所を探そう。


References:mysteriousuniverse/ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52278223.html
 

こちらもオススメ!

―知るの紹介記事―

6つの木から一番気になるものを選ぼう。あなたの人生を無意識に動かしている本来の性格がわかる心理テスト(占い)
ペットロス。飼い主にとってペットとの別れや死は、人間の時と同じように心に衝撃を与える。その克服法は?
世界最強の磁石の記録が更新される。しかも驚くほど小型軽量!(米研究)
まだじゃ。まだ食べたりない。雪を食べつくさんばかりの勢いのハスキー。
ミステリアスな木馬たちの墓場「ポニーヘンジ」(アメリカ)

超常現象・心霊についての記事―

恒例の残暑見舞い。不気味な超常現象が写り込んでいるとされる10の写真
スピリチュアル・サービス会社に魔術で家出した妻を取り戻すよう依頼した男性。妻は帰らず会社を訴える(ロシア)
未だそこに謎がある。ミステリー・サークルに関する真実を求めて
2%の人だけに聞こえる不可解なノイズ「ザ・ハム」の謎
アメリカで悪魔祓い訓練講座が8月に開催予定。卓越したテクニックを持つエクソシストがそこに集う
「雷に打たれると異能に目覚める」は本当か?雷に打たれた後特殊能力を身に着けた3つのケース