3億3000万ドル男ハーパーを2打席連続三振に斬るなど快投

フィリーズカブス(日本時間16日・フィラルフィア)

 カブスダルビッシュ有投手は15日(日本時間16日)、敵地でのフィリーズ戦に先発し、7回無失点の快投で勝利投手の権利を持って降板となった。今季25試合目の先発マウンドに上がった右腕は強打のフィリーズ打線をねじ伏せ、7回まで毎回奪三振となる10奪三振。5点リードでマウンドを降り、今季5勝目の権利を掴んだ。

 初回、死球こそ与えたものの、無失点に切り抜けると、2回は3者凡退。3回2死二塁の場面でメジャー屈指の強打者であるハーパーを打席に。オフにフィリーズメジャー史上最高額となる13年総額3億3000万ドル(約346億円)の大型契約を結んだハーパーに対し、初球はカーブ、2球目はスプリット、そして3球目は91.1マイル(約146.6キロ)のツーシームで3球連続で空振り。圧巻の3球三振でこの場面を凌いだ。

 4回は先頭のリアルミュート二塁打を浴びたが、後続を封じて無失点。5回はハスリーへの死球、代打モリソンの右前安打で1死一、二塁とされたが、女房役のカラティーニが牽制で一塁走者を刺して2死に。ホスキンスを二飛に打ち取って、この回も点を与えなかった。6回には再びハーパーと対戦し2打席連続の空振り三振に。ダルビッシュは7回まで投げ、4安打無失点に封じた。
 
 カブスは3回にリゾの22号ソロで先制すると、4回にはボート、アルモラJr.、リゾの適時打で3点を追加。5回にはシュワーバーが28号ソロを放ってさらに加点して5点をリードダルビッシュはこのリードを守ったまま、リリーフ陣に後を託した。(Full-Count編集部)

敵地でのフィリーズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】