bear1

image credit:photo by youtube

 アメリカニュージャージー州サセックスフランクフォードに住む男性が、自宅の前庭で珍しい光景に出くわしたようだ。

 その日、コーリーベールさん宅に近所の人がやってきて、「裏庭にクマが出没してるよ」と教えてくれた。

 裏庭は息子の遊び場でもあるため、コーリーさんは確認に行こうと外に出た。すると、裏庭ではなく前庭から奇妙な音が聞こえてきたのである。

―あわせて読みたい―

うそマジほんとに?街中いたるところに。あたりまえのようにクマがいるロシアの日常(41枚)
オオカミとクマが最強タッグを組んだ。共に寄り添い餌を分け合って食べるオオカミとクマのカップル
クマに襲われた?スノーモービルでクマを執拗に追い回していたグループのひどい行動が物議をかもす(ロシア)
パイロットは2度同じクマを救う。彼らがかつて保護した子グマを永遠に面倒を見ると決意するまでの物語(ロシア)
家にクマが侵入!小型犬が体を張って外におびき出そうと奮闘。自分の命と引き換えに家族の命を救う(アメリカ)

うなり声をあげながら激しいバトルを繰り広げる2頭のアメリカグマ


Two bears tangle in Frankford Township

 コーリーさんは何事か!?と前庭へと駆け付けた。すると、巨大な2頭のアメリカグマが立ち上がって全力バトルを繰り広げていたのだ。

 クマたちはお互いにうなり声をあげながら戦っており、顎と顎がガツン!とぶつかり合う音が聞こえるほどの激しさだったという。

 コーリーさんは約1分間、動画を撮影しつつクマたちの決闘を見守っていた。その後、クマたちは前庭を横切って去って行ったとのこと。

bear3

image credit:photo by youtube

2頭のオスがメスの気を引こうと重傷を負いながらも戦っていた可能性


 コーリーさんはクマたちの全力バトルについて
近所の人が裏庭で見たクマはメスじゃないかなと思うんだ。戦っていた2頭のクマはオスで、メスの注意を引こうとお互いに必死になっていたんじゃないかな

と推測する。

 前庭には血で覆われたクマの毛の塊が残されており、おそらくどちらかのクマが重傷を負ったのではないかと見られている。

bear2

image credit:photo by youtube

ニュージャージー州ではアメリカグマの個体数が増えて目撃情報も多数


 ニュージャージー州ではアメリカグマの個体数が増えており、州全域で目撃されているそうだ。

 そのためクマを見かけることは珍しくないがさすがにここまでのバトルはなかなかなく、また5~6月の発情期には特に注意が必要なのだとか。

 実際のところクマたちの決闘の理由というのは不明なわけだが、それにしても激しい・・・こんなのには絶対に巻き込まれたくないな。

References:NJ fish and wildlife / written by usagi / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52274317.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

「スパゲッティ」と呼ぶとクネクネする猫がかわいい!
犬も科学する?かしこいラブラドール女史によるオモチャ取り出し大作戦
猫を顔認証!世界初、猫専用AI搭載スマートシェルターが誕生
ペットロス。飼い主にとってペットとの別れや死は、人間の時と同じように心に衝撃を与える。その克服法は?
まだじゃ。まだ食べたりない。雪を食べつくさんばかりの勢いのハスキー。

―動画の紹介記事―

「スパゲッティ」と呼ぶとクネクネする猫がかわいい!
犬も科学する?かしこいラブラドール女史によるオモチャ取り出し大作戦
猫を顔認証!世界初、猫専用AI搭載スマートシェルターが誕生
フォースの力?ダースベーダの巨大頭部が宙に浮く。ヨーロッパ最大級の熱気球イベント(イギリス)
だって一緒に遊びたいんだもん。犬による他の動物の起こし方。ブタ編、猫編
ファッ!?もう一度見てファッ!?家の前庭でクマが二足立ちで決闘していた件(アメリカ)