メイン画像

北日本は土曜まで台風の影響が残りますが、東・西日本は、土日は体温超えの暑さの所も。週明けは曇りや雨の所が多く、日差しは控えめ。でも、全国的に厳しい残暑は、まだまだ続きそうです。

北日本は 土曜まで 土砂災害などに警戒

台風10号は、土曜未明までに、北海道の西の海上で低気圧に変わるでしょう。ただ、低気圧に変わっても、勢力を維持したまま、土曜朝にかけて、ゆっくり北海道に接近する予想です。
このため、北海道は土曜明け方まで、局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。雨のピークは、北海道太平洋側と日本海側南部では金曜夜~土曜明け方、オホーツク海側と日本海側北部では土曜未明~明け方の予想です。また土曜朝まで、非常に強い風が吹き、海は大シケとなるでしょう。「台風ではないから」と油断しないで、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水や氾濫、暴風、高波に警戒して下さい。

東・西日本は台風一過 土日は「猛暑日」続出

一方、東・西日本は、台風一過で、土日は大体晴れるでしょう。ただ、台風が「熱帯育ちの暖かい空気」を運んできたうえに、たっぷりの日差しが降り注ぐので、気温がグングン上がりそうです。最高気温が35度以上の「猛暑日」の地点は、連日100地点を超えるでしょう。
特に内陸部は体温を超える暑さで、最高気温が40度近くまで上がる所もありそうです。お盆を過ぎて、平年ですと暑さがピークを過ぎる頃ですが、東京都心などでは、今年1番の暑さになる可能性もあります。お盆休みの最後に、外のレジャーを予定している方は、飲み物を多めに用意するなど、対策が必要です。お部屋の中でも、無理をしないで、なるべく涼しくしてお過ごし下さい。

残暑のトンネルは 出口が見えません

この暑さは、来週もまだまだ続くでしょう。週明けは、全国的に曇りや雨ですが、東・西日本では最高気温は35度近い所が多くなりそうです。
さらに、15日木曜に発表された1か月予報によりますと、この先1か月(9月16日まで)の平均気温は、全国的に平年より高い予想です。特に東・西日本では、8月いっぱいは平年より気温の高い状態が続くでしょう。23日金曜は二十四節気の「処暑」で、暦の上では暑さが収まる頃ですが、実際は、残暑のトンネルは出口が見えません。暑さが長引くぶん、体にこたえそうですので、この先の暑さにも、十分お気を付け下さい。

週間予報 土日はまた猛暑日続出 40度近い暑さも