マウロ・イカルディ 写真提供:GettyImages

 インテルナポリローマセリエA3クラブは、アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディユベントス移籍阻止に向け動いているようだ。15日、イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。

 今夏の移籍市場でユベントス移籍を望んでいるとされているイカルディ。しかし、インテルナポリローマユベントスライバルとなる3クラブは、この動きを阻止しようと動いているようだ。

 3クラブストライカーの三角移籍を目論んでいるとみられている。ナポリイカルディを獲得し、ローマナポリアルカディウシュ・ミリクを獲得。インテルローマエディン・ジェコを獲得することで、イカルディユベントス移籍を阻止しようと試みているようだ。

 ただ、イカルディユベントス移籍以外にインテルを離れる意思を見せておらず、この三角移籍を実現させるには、イカルディナポリ移籍を受け入れる必要があるようだ。

 果たして、ユベントスライバル3クラブによる包囲網は完成するのだろうか。