夏場の日本の気温は年を追うごとに上昇し、気温が30℃を超える日も珍しくありません。

昨今では、室内にいながら熱中症で搬送される人のニュースを耳にする機会もあるほどです。

そんな中、岐阜県のバス会社『岐阜乗合自動車株式会社』の貼り紙がTwitter上で話題になっています。

乗客の1人が投稿

バスの車内に貼ってあったという貼り紙には、乗務員の熱中症対策についてこのように記されていました。

いつも、岐阜バスをご利用いただき、誠にありがとうございます

ただいま、当社ではバス乗務員における「熱中症」対策として、駐停車(信号待ち等)の間を利用し、水分補給を行っておりますので、ご理解のほどお願い致します。

冷房が効いている車内とはいえ、混み合えば蒸し暑くなります。また、時間帯によって運転手は、常に直射日光を浴び続けながら業務にあたらなければなりません。

※写真はイメージ

そうした状況の中、何時間も水分を補給せずにいるのは危険。貼り紙は、そうした乗務員の健康状態を守るための目的もあります。

貼り紙を設置した経緯

乗客への理解を求める文言があるためか、Twitter上では「客の理解を求めなければならないなんて」といったコメントも寄せられていた、今回の貼り紙。

しかし、岐阜乗合自動車株式会社の担当者によると、「貼り紙を通して健康起因に関ることでの環境づくり」とのことで、決して乗客からのクレームを受けてのものではないといいます。

夏場は、命の危険性を感じるほどの猛暑日が続きます。だからこそ、意識的に水分をとり、休憩の時間をつくりたいもの。

それは、仕事中か否かにかかわらず、誰もが意識したいことですね。


[文・構成/grape編集部]

※写真はイメージ