a man_e


 世の中には、やってもいない罪を被せられたまま有罪判決を受け、冤罪に苦しむ人が存在する。人生のほとんどを奪われる長く辛い監獄生活を強いられることは、想像を絶する耐え難いことであろう。

 しかし、アメリカフィラルフィアに、その地獄の苦しみに21年間耐え続け、晴れて自由の身になった男性がいる。

 彼は、23歳の時に知り合いの嘘の証言で殺人者に仕立てられ、終身刑を言い渡されたのだ。今回、21年ぶりに無実が証明された男性は、「過去は振り返らず、今後の人生を楽しみにしている」と語っている。

―あわせて読みたい―

無実の罪で死刑となった5人の死刑囚の最後の晩餐(アメリカ)
DNA鑑定で無罪となったアメリカ10の冤罪事件
情報改ざん・隠ぺい・ねつ造、冤罪はこうして起きる。杜撰で悪質な10の犯罪調査
無実の罪で17年間も投獄されていた男性、ドッペルゲンガーの出現で事態が一変。やっと釈放される
冤罪から救ってくれたのは犬。「容疑者が射殺した」と証言された黒い犬が発見され有罪判決が撤回(アメリカ)

1998年に無実の罪で有罪判決を受けた男性

 1998年フィラルフィアに住むジョンミラーさん(41歳)の人生は大きく変わった。

 アンソニー・ミュレンさんという男性が駐車場の係員として仕事をしていた際に、何者かに射殺されたのは1996年10月のこと。その容疑者としてジョンさんが逮捕され、1998年に第2級殺人罪で有罪判決を言い渡されたのである。

court2_e

TPHeinz/pixabay

 しかし、この事件にはジョンさんと犯罪を結びつける物理的証拠はなかった。目撃者だというたった1人の証言により、ジョンさんは人生を奪われる羽目になってしまったのだ。

知り合いの男が法廷で嘘の証言

 ジョンさんの逮捕と有罪判決は、ジョンさんの幼少時代の知り合いで、証人となったデイヴィッドウィリアムズという男の証言にほぼ完全に基づいていた。

 地元メディアによると、当時デイヴィッドは強盗容疑で逮捕されており、罪に問われていたという。

 デイヴィッドは、ジョンさんをアンソニーさん殺害の犯人にでっちあげれば、自身の刑が軽減されると信じ、虚偽の情報を警察と裁判所で証言して無実のジョンさんに罪を被せた。

8年の年月をかけて、ジョンさんの無実が証明される

 後に、デイヴィッドは証言を変え、自分が真犯人であると告白した。更に2002年12月には、ジョンさんの母親に宛てた手紙で、「あなたの息子は無実だ。現場にさえいなかった。私が嘘をついた」と自身の殺人を告白した。

 ところが、その告白は裁判所を説得させるのに十分ではなく、ジョンさんは1988年2011年にかけて10件以上の控訴を行ったが、全て却下され、冤罪で収監されたままだった。

court1_e

12019/pixabay

 しかし、2011年ペンシルベニアイノセンスプロジェクト(PAIP)がジョンさんの件について訴訟を起こすことに同意したことで、ジョンさんはかすかな希望を持つことができた。

 以降、PAIPチームジョンさんをサポートしていた法律事務所は、8年という長い年月をかけ、3000時間以上を費やし、当時は開示されることがなかった証拠を明らかにするなどして、ジョンさんに自由を取り戻すための闘いを続けた。

 そして今年7月31日、ついにジョンさんは21年ぶりに自由の身となったのだ。


自由を手にしたジョンさん、「過去を振り返らず、未来に進みたい」


 人生の半分を刑務所で過ごしたジョンさん。彼は、後のメディアの取材でこのように語っている。

それについては、今はもう不満はありません。過去は振り返らず、むしろこれからの将来を楽しみにしています。

愛する家族のもとへ帰り、姪っ子を動物園へ連れて行ったり、美味しいステーキを食べたり、スマートフォンについても学んだりしたいですね。

21年経って、ようやく自分の無実が証明されたことについては、ただ感無量です。私をサポートし、救ってくださった法律チームのみなさんには感謝の言葉もありません。彼らの力がなければ、私は自由を手に入れることはできなかったでしょう。


 また、代償を求めず善意でジョンさんをサポートしたチーム一同も、ジョンさんの釈放に喜びを露わにした。

彼の弁護をしたことは名誉であり、PAIPとともに闘った8年は喜びとなりました。21年という長い間、ジョンさんが途方もない忍耐で示した強さや決意、意志は尊敬に値するものです。

ジョンさんが自由の身となって刑務所を後にする姿を見られたことは、感動でしかありません。



 なお、フィラルフィア地方検事局は、デイヴィッドを殺人罪で起訴するか否かについては明らかにしていない。

References:Liftableなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52277890.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

アーノルド・シュワルツェネッガーの肉体美とその歴史
稼業として冷酷に任務をこなす。世界に実在した名だたる殺し屋たちに関する事実(後編)
幸せが絶頂に達したその瞬間...キスした直後、橋から落下したカップルの悲劇(ペルー)
元FBIの法医学者が頭蓋骨から顔を復元する過程を公開
おかしかったりやさしかったり。地下鉄で見かけた人間模様いろいろ

―知るの紹介記事―

古代マヤ文明の滅亡は戦争が原因ではなかった?破壊的な戦闘行為が長く繰り返されていた可能性(米研究)
アーノルド・シュワルツェネッガーの肉体美とその歴史
落雷でトイレが爆発!浄化槽内のメタンガスが落雷で発火したことが原因(アメリカ)
2019年8月28日、超高層ビル級の巨大な小惑星「2019 OU1」が地球のそばを通過予定
学校で起きた怖い話:小学校の中庭に現れたクトゥルフの姿をした黒きもの
無実の罪を着せられ21年間の刑務所暮らしを強いられた男性、ついに自由の身に(アメリカ)